Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

香川照之氏プロデュースの昆虫デザインブランド「Insect Collection 」が挑む在庫ロスゼロとは

この話題に関わるSDGsの目標

アパレル業界では、今「サスティナブル」がトレンドワード。

 

それは単純に、ソーシャルグッドな取り組みをcoolだと考えるミレニアル世代がブームの中心にいるからという理由だけではない。

アパレル業界は、かねてより非常に社会に負担を強いることが問題視されていた。

 

綿花の栽培には大量の農薬が使われ、そこで働く人々の健康を脅かしてきたし、デニムを1本作るのには、6000リットルもの水を汚す計算になる。

中でも、日本のアパレル業界で昨今課題となっているのが、「在庫ロス」の問題。

毎年約30億着という大量の洋服が余り、それを焼却するために余計なエネルギーが必要になったり、生産時のコットン過剰消費だったとも言える。

 

Insect Collectionでは、この在庫ロス問題を抑制するため、過剰に生産することなく、品物を100%消費者に届けることを目指している。

トレンドを追うのではなく、多くの人に愛され続けることのできるデザインと、広く受け入れられるような昆虫モチーフ。

定番商品のみを取り揃えることで、シーズンが切り替わっても長く販売できるだけでなく、兄弟やお友達に譲ったりも出来る。

新作の登場は、まるで新しいお友達が加わったような感覚でラインナップされる。

 

香川照之氏の掲げる「昆虫を通して楽しみ、学ぶ」というコンセプトを生かした商品企画に期待が集まる。

Media一覧へ