INFORMATION

セブンイレブンでのコンビニ決済ご利用開始のお知らせ

Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

急上昇ワード!エシカル(ethical)とは

2018年急上昇トレンドキーワードに「エシカル」(ethical)という言葉があります。
まだ聞いたことがないという方や、言葉知っているけど正確な定義は知らない。
そんな方も多いのではないでしょうか。

SUSTY MEDIA最初の記事はこの「エシカル」という言葉について、ご紹介していきます。

 

エシカルとは

エシカルは直訳すると倫理的や道徳的という意味ですが、具体的にどんなことを指すのか少し難しく感じます。
現段階では、ルールとして定められている訳ではないけれど、みんなが正しいと思えること。
それがエシカルとされています。

 

エシカル消費とは

例えば環境保護の観点から、マイ箸を使う。

割り箸を使っても誰にも怒られないし、コンビニに行けば、当たり前のように割り箸がもらえます。
でもこの割り箸は、地球上のどこかの森林を削られて作られている。
だから、マイ箸を持ち歩いてみようかな。

これこそがエシカルの考え方であり、マイ箸を買うという行為がエシカル消費、ということになります。

エシカル消費がもたらすもの

コーヒーが好きな方も多いと思います。
今やコンビニでも買えるし、豆や粉を買ってきて、家で淹れたりもします。

美味しいし、気分転換にもなります。

でも、もしそのコーヒー豆を栽培している農家が、大手のコーヒーメーカーから豆を強引に安く買い叩かれていたらどうでしょうか。
それが原因で貧困が広がっているとしたら。

このような影響を防ぐために「フェアトレード」という公正な取引ルールがあり、フェアトレードのコーヒーを買うということは、地球上のどこかの人を救うことにもつながります。
また、社会的な課題を解決するために頑張っている企業の商品を買おう。これもエシカル消費です。

環境や動物保護など一人ひとり考え方や関心ごとも異なります。
自分が関心のあるジャンルから、ちょっとした取り組みを始めてみる

エシカル消費といっても、厳密な定義はありません。
あなたなりのエシカル消費を始めてみませんか。

 

 

 

ライター:坂田奈緒子

Media一覧へ