Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

ファッション業界を変えるヴィクトリア・ベッカムのエシカル活動とは

この話題に関わるSDGsの目標

イギリスの人気アイドルグループ・スパイスガールズのメンバーとして活躍した後、サッカー選手デヴィット・ベッカムとご結婚され4人の子どもの母として、さらには世界的なファッションデザイナーとしても活躍しているヴィクトリア・ベッカム。
彼女は多くの女性が憧れる存在であると同時に、その言動ひとつひとつがメディアからも注目されており、彼女の影響力は世界的にも非常に大きなものとなっています。
今回は、そんなヴィクトリア・ベッカムがファッションを通して行っているエシカルな活動についてご紹介していきたいと思います。


■アイドルから華麗なる転身 ファッションデザイナーとして活躍するヴィクトリア・ベッカム

・アイドルからデザイナーへ 妻として母としてみんなが憧れる女性に

1996年にデビューし、ファーストアルバムが世界的に大ヒットしたイギリスの人気アイドルグループ「スパイス・ガールズ」。
ヴィクトリア・ベッカムは、そのメンバーの一人として活躍しました。人気絶頂の頃、サッカーのチャリティーマッチで後に夫となるマンチェスター・ユナイテッドFCのデヴィット・ベッカムと出会い、翌年には婚約を発表。三男一女に恵まれ、理想的な夫婦・理想的な家族の代名詞となり、幸せな家庭を築いてきたことは良く知られています。
一方で「スパイス・ガールズ」解散後は歌手としてではなく、ファッション関係の活動を積極的にスタートされ、様々なブランドのキャンペーンモデルとして活躍し、ヴィクトリア自身が身に付けるファッションやバッグ、ジュエリーなども大きな注目を集めるようになりました。
また2011年にはファッションデザイナーとしてブリティッシュファッションアウォードにて「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」に選出されているヴィクトリア・ベッカムは、2017年にはファッション業界での功績が認められ、大英帝国勲章(OBE)を授与されています。

 

■ヴィクトリア・ベッカムが推奨する「エシカル・ファッション」とは

そんなヴィクトリア・ベッカムが推奨しているファッションが、エシカル・ファッションです。
エシカル・ファッションとは環境、労働者、社会に配慮した道徳的・倫理的(=エシカル)なファッションのことです。
100ヶ国1万人を超える会員数を誇る「エシカル・ファッション・フォーラム」では、その具体的な内容として、10のポイントを紹介しています。
その内容は

衣料品を短いサイクルで大量生産する手法に対抗している
公正な賃金、労働環境、労働者の権限を擁護している
地球環境にやさしいサスティナブルな生活を支持している
有毒な農薬や化学品の使用に対する問題提起をしている
エコフレンドリーな布や材料を使用・生産している
水の使用を最低限に抑えている
リサイクルを行っており、エネルギーの効率化や無駄をなくす取り組みをしている
ファッション界におけるサスティナビリティを促進・広める活動をしている
資源を提供している、育成を行っている、そして/または問題提起している
動物の権利を尊重している

とこのように定義されています。

■自分の着ているその洋服はどうやって作られている?

自分が買う服・着ている服が「どこで作られているのか」「どんな人が関わっているのか」と改めて考える機会はなかなかありません。
近年一大ブームともなった安いことが魅力のファストファッションなどは、価格の安さ同様当然製作者側の賃金も低くなります。
そこには違法なかたちの労働が存在しているのも事実です。。
大量生産される安価な品物を購入することは、こういった状況を許容していることに繋がり兼ねません。
これは労働者の賃金のみではなく、自然環境に害を及ぼしているケースも少なくありません。
安価な商品を提供することばかり重視してしまうため、製造工場から排出される有害な汚水などの処理が十分になされないまま、地元の人が生活用水としても使用される河川に流し込んでいるという実態もあります。
今まで多く知らなかったファッション業界の裏側。しかし、これからの地球とそこに住む人々、様々な命のことを考えると、決して無視してはいけない問題であることが分かります。


■ヴィクトリア・ベッカムがファッションを通して取り組むエシカルな活動とは

・セレブも注目するファッションブランド「ヴィクトリア・ベッカム」

ヴィクトリア・ベッカムが手がけるファッションブランド「ヴィクトリア・ベッカム」は、シンプルなデザインと特徴的な色使い、丁寧な仕立ての良さで評価も高く、世界中のセレブをはじめとした多くのファンを獲得しています。
2016年現在では60ヶ国以上の国で500店を超えるリテールストアを展開、ファッション業界での存在感や影響力も大きなものとなっています。

2019年2月、ヴィクトリア・ベッカムは自身のブランドからエキゾチック・スキンの使用を全面禁止にすることを発表しました。
エキゾチック・スキンとはクロコダイル、へび、トカゲやエイ革で知られるスティングレイやファーなどといった素材のことです。
これまでもリアルファーの使用を禁止してきましたが、オーストリッチやクロコダイルなどの皮革類も不使用にすると表明したのです。

さらにヴィクトリア・ベッカムは、2019年秋にサスティナブルなコスメライン「ヴィクトリア・ベッカム・ビューティ」を展開する予定であることを発表しました。
最近では世界的な化粧品メーカーとして知られる「エスティローダー」とコラボレーションし、大きな話題になりました。
今回展開されるコスメラインのパッケージは再利用されたものを使用しており、「高品質なものを多くの人に手に取ってもらいたい」とリーズナブルな価格を設定しました。
今後、メイクアップ、スキンケアといったアイテムだけでなく、フレグランスやウェルネスといった商品も販売される予定です。

・「グリーンカーペットチャレンジ(GCC))

イギリスの俳優コリン・ファースの妻であるリヴィア・ファースが創設した「グリーンカーペットチャレンジ(GCC)」をご存知ですか?
リヴィアは2010年のゴールデングローブ賞授賞式で古いウエディングドレスを、アカデミー賞授賞式では廃棄されたファブリックから作られたドレスを着用してレッドカーペットに登場されました。
それ以来、彼女はレッドカーペットに登場するときは常にグリーン(サスティナブルでエシカル)なドレスを着ることで注目を集め、またこの取り組みに賛同した有名ブランド「グッチ」「アルマーニ」「ショパール」「ステラ・マッカートニー」などが、次々とグリーンなファッションを展開しました。
ハリウッド女優をはじめとする多くのセレブがこれらのドレスを着用するようになり、大きな影響力を与えました。

ヴィクトリア・ベッカムも、この「グリーンカーペットチャレンジ(GCC)」の活動を支持する有名人のひとりです。
世界的に注目されているファッションデザイナーとして活躍しているからこそ、すべての素材や環境問題についても真摯な姿勢で向き合っています。
影響力のある有名ブランド企業が問われる「環境へ配慮した商品を提供する側の責任」や、何を重視して購入するのかで「未来が変わるかも知れないユーザーの責任」。
ファッション業界においても「サスティナブル(持続可能)」が大切なキーワードになっていることは間違いないでしょう。

人気アイドルからサッカー選手の妻、そして4人の子どもの母、さらにファッションデザイナーとしても活躍するヴィクトリア・ベッカムは自身がデザインするファッションを通して、様々な角度からエシカルやサスティナブルを重視した活動を行っています。

注目される立場だからこそ、人間・動物・地球に生きるすべてのものにやさしい取り組みを推進、世界中に発信していくその活動は今後も注目されていくでしょう。

Media一覧へ