Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

サスティナブル寿司まで登場!海のエコ活動、サスティナブル・シーフードとは!?

この話題に関わるSDGsの目標

マグロやウナギが食べられなくなるかも…最近そんなニュースを耳にします。
将来も今と変わらずに美味しい魚を食べ続けられるように、私たちに出来ることはなんでしょうか。

今回のSUSTYでは、サステナブルシーフードについてご紹介します。

 

サスティナブル・シーフードとは

例えば、私たち日本人が大好きなマグロ。
このマグロの半数以上の種類は、今国際機関で、絶滅危惧種の指定をうけています。

マグロだけでなく、我々日本人が愛してやまないウナギもまた絶滅の危機にあるというのが現状です。

こうした、私達に馴染みの深い魚が将来も今と変わらずに魚を食べ続けられるよう、魚獲量や環境を配慮した、適切な方法で獲られた魚介類をサスティナブル・シーフードと呼びます。

サステナブル・シーフードには、大きく「天然水産物」と「養殖水産物」の2つに分けられており、それぞれMSCとASCという2つの認証マークで見分ける事ができます。

 

MSC認証とは

MSC認証とは、天然水産物を対象にしたマークです。

MSCによるサステナブルな天然漁業か否かの認証では、以下の3つの基準があります。

  • 対象となる水産資源が豊富で、資源管理されている
  • 生態系におよぼす影響が最小限に保たれている
  • 法律や規則などに従って漁業が行われている

あるこれらの基準を満たす場合には、「海のエコラベル」というサステナブルな天然漁業によって獲られたことを示すラベルを商品に使用することが認められています。

ASC認証とは

ASC認証とは、養殖漁業によって採られた水産物を対象にしたマークです。

世界の水産物のうち、養殖が占める割合は現在およそ半分です。一方で、養殖には以下のような環境への悪影響も指摘されています。

  • 養殖場建設による自然環境の破壊
  • 薬物の過剰投与
  • エサとなる生物の過剰利用
  • 養殖された魚が病気を自然界に持ち込む危険性
  • 養殖場から逃げ出した個体が外来生物として生態系に影響を及ぼす

こうした養殖による弊害を削減するために活動しているのがASCです。

 

ASC認証では、サステナブルな養殖漁業による水産物であることが一目でわかるよう、独自のエコラベルを貼る取り組みを行っています。

 

サステナブル・シーフードはどこで買える?

2018年12月現在、MSC認証を受けた「海のエコラベル」のマークや、ASC認証のマークがついた商品を通年で販売している店舗は以下になります。

  • イオン
  • マックスバリュー
  • ダイエー
  • カスミ
  • コープ(生協)系列の各店舗
  • IKEA
  • コストコ

 

画期的な取り組みではありますが、日本においてはまだまだ商品としての品数は少なく、取り扱っている店舗も少ないため、ネット通販で入手するという方法も検討しても良いかもしれません。

 

 

海のエコで私たちの暮らしをもっとサステナブルに

 

サステナブル・シーフードは私達が今と変わらず、魚を食べ続けていくためにとても必要な取り組みです。

認証マークを目印に、環境に配慮した食品を選ぶこと。
それも、豊かな海を守るための小さな一歩に繋がっていきます。

ライター:小口 景(ぐちを)

Media一覧へ