INFORMATION

セブンイレブンでのコンビニ決済ご利用開始のお知らせ

Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

健康と地球環境を重視する生活スタイルを提案!ロハスフェスタ

「LOHAS(ロハス)」とは、「Life Styles Of Health And Sustainability」の頭文字を取った略語で、その意味は「健康と地球環境を重視する生活スタイル」。

 

私達ひとりひとりが「子供達のため」「みんなのため」「自分のため」にロハスを楽しんで取り組めるよう、様々な提案をしています。

 

ロハスフェスタは出展者や来場者にゴミの削減について考え、実際に協力してもらおうというイベントです。会場内には手づくり雑貨や家具、オーガニックコットンの服、アクセサリー、健康的な食材で作られたフードやスイーツ等が並び、体験コーナーやステージイベントも楽しむことができます。

エコを本気で意識するイベント「ロハスフェスタ」とは

ロハスフェスタはペットボトルや紙コップ、紙皿などのゴミを出さないイベントです。

 

3R(Reduce(リデュース)Reuse(リユース)Recycle(リサイクル))の「Reuse」に注目し、イベントでの使い捨て容器をやめ、持参した食器を繰り返し洗って使うシステムを取り入れています。

 

ロハスフェスタに参加するための必需品

・マイ食器(お皿、丼、タッパー、カップ等)

・カトラリー(箸、スプーン、フォーク等)

・ボトル(水筒、タンブラー等)

・マイバッグ

・レジャーシート

・使った食器類を洗う前に簡単に汚れを拭き取るための古布等

・洗った食器類を拭くタオルや手ぬぐい等

などを持参する必要があります。

 

食事をするにしても買い物をするにしても、あらかじめゴミが出ないような工夫を考え、必要と思われるものは準備して参加しましょう。

また上記の物を持参することで、特典を用意しているブースもあります。

出展者も来場者も「ゴミを出さないイベント」という意識を強く持つことが大切。

地球環境や子供達の未来のために、様々なシーンで積極的に取り組むべき活動と言えるでしょう。

 

初めての参加や忘れてしまった場合は…

マイ食器を持参できなかった場合はリユース食器代100円が必要となります。

 

この食器は買い取りとなるので当日はもちろん、次回のフェスタでも繰り返し使うことができます。

また会場内では環境にやさしい木製の箸やスプーンなどが各10円、ロハスフェスタオリジナルのカップ・お皿・丼とバッグのセットが1,000円で販売されています。

 

・食器類の洗い方

会場のリユース食器返却所内には「お支度グッズ洗い場」が設置されています。

 

調味料や油などによる水質汚染の抑制や節水の観点から、洗う前には古布で汚れを拭き取ることが推奨されています。

 

但しこの古布は数に限りがあるので、できるだけ自宅から不要になった布などを持参してほしいとのこと。あらかじめ適当な大きさにカットし、何枚か用意しておくといいでしょう。

 

・ゴミの回収も行っています

ロハスフェスタのエコステーションではゴミの回収なども行っています。

 

ゴミ回収:生ゴミからペットボトル、缶などのゴミの分別回収を行っています。

ダウン回収:希少な資源であるダウンを循環再利用、二酸化炭素の排出削減に繋がります。

牛乳パック:ロハスフェスタの会場で使用するトイレットペーパーに生まれ変わります。

使用済み天ぷら油:精製後にバイオディーゼル燃料として会場内で使用する発電機の燃料に生まれ変わります。

 

また持参した天ぷら油でのキャンドルづくりも実施。リサイクルをおしゃれに体験できます。(参加費300円)

 

2019年も各地で開催されるロハスフェスタ

 

2018年のロハスフェスタは東京、大阪、広島、淡路島などで開催。2019年の開催予定は次の通りとなっています。参加費は350円~500円程度、小学生以下は無料です(開催場所で金額が異なります)。詳細はHPでご確認下さい。

 

2019年ロハスフェスタ開催予定

ロハスフェスタ福岡:2019年3月21日(木)~24日(日)

国営海の中道海浜公園大芝生広場 500円(小学生以下無料)

ロハスフェスタ万博Spring:1st  2019年4月26日(金)~28日(日)

             2nd  2019年4月29日(月)~5月1日(水)

             万博記念公園東の広場 350円(小学生以下無料)

ロハスフェスタ南港:2019年8月10日(土)~12日(月)

          インテックス大阪

ロハスフェスタ東京:2019年9月14日(土)~16日(月)

光が丘公園 芝生の広場

 

お祭りやバザーなどのイベントで出るゴミは、ペットボトルや使い捨て容器などが中心です。

これらのゴミの片付けや処理は、手間がかかるだけでなく環境汚染にも繋がります。
自分が参加する機会は少なくても、毎日どこかで行われているイベント。年間を通して見れば、イベントで出るゴミだけでも相当な量になっていることは間違いありません。

 

そんな中、「自分の体や心にいいことは地球にもやさしいこと」をコンセプトに続けられてきたロハスフェスタの取り組み。参加することでゴミの削減やエコに対する思いが深まると注目されています。

 

自分はもちろんですが、自分の大切な人の未来や地球環境のことを考えるきっかけになることは間違いありません。

 

小さい子供からお年寄りまで、家族や友人と一緒にぜひ参加してほしいオススメのイベントです!

 

ライター:Natsuki

Media一覧へ