Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

オーガニック食品の証”有機JASマーク”とは?

この話題に関わるSDGsの目標

私たちの暮らしの中で、”オーガニック食品”を見かけることが近年増えてきました。
オーガニックは私たちの体に優しいことはもちろん、環境に負荷をかけない生産にも繋がります。
そもそもオーガニックの基準とはどのようなものなのか、オーガニックを証明するものとは何なのか。
今回の記事では、オーガニックについてや、オーガニック食品のマークである『有機JASマーク』について詳しくご紹介します。

 

そもそも”オーガニック”とは?

オーガニックとは有機栽培、有機農法とも呼ばれ、農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・生物など自然の恵みを生かしながら生産された農作物を指します。

オーガニックを名乗るには2.3年前から化学肥料を使ってないこと、遺伝子組み換えの種は使用しない、畜産物の場合は飼料も有機であることなど、いくつかの厳しい基準が設けられています。

有機JASマーク

 

「有機」「オーガニック」という表示は生産者が勝手に使用することはできません。
国が定めたガイドラインに沿って、認定された商品には有機JASマークの表示をつけることが許可されます。

この認定がない食品に対して、有機、オーガニックといった、消費者が混乱するような紛らわしい表現をすることは禁止されており、徹底的に対策がされています。

また、有機JASマークの「有機野菜」の基準は下記となります。

・化学肥料、農薬を2年間使用していない土壌で育てられたこと
・遺伝子組み換え技術を使っていないこと

また、他の畑から農薬が飛んでこないような工夫も必要など、厳しい基準をクリアする必要があります。

 

有機JASマークはどこに表示されている?

では実際どのような表記になっているのかご紹介します。

多くの食品では食品名や生産地名、バーコードの近くに表示されています。

農産物のカテゴリーとしては

・お米
・にんじん、玉ねぎ、大根、じゃがいもなどの根菜類
・ほうれん草、小松菜、レタスなどの葉菜類
・トマト、きゅうり、パプリカなどの果菜類
・バナナ、キウイフルーツ、いちごなどの果物類
・椎茸などのキノコ類

など様々あり、各食品で有機JASマークの商品を見つけることができます。

 

有機JASマークの商品はどこで買える?

有機JASマークのついた食品は大きめなスーパーや自然食品を扱っているお店で見つけることができます。

しかし今現在においても、品数が少ないのが現状です。
近所にそのようなお店がない、買いに行くのが難しい、という場合は、有機野菜を豊富に扱っているネットの野菜宅配を利用がオススメです。

オーガニックを取り入れた生活を始めてみよう

有機JASマークは環境に負荷をかけないよう、自然と持続的に共生できるように生産していくことを掲げています。
日々の買い物の中で、「有機JASマークの商品はないかな?」そんな視点で生活するだけで、サスティナブルな地球作りに一歩近づきます。

普段の買い物の中で有機JASマークを見つけたら、一つ買ってみることから始めてみませんか?

Media一覧へ