INFORMATION

柴咲コウさんプロデュース『LTG FOODS』の販売を開始しました。

Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

食品ロスに挑戦!「TABETE」の取り組み

「まだ美味しく食べられるのに」
と思いつつ、捨てざるを得ない食材の数々。

特に飲食店では家庭と違ってそういったルールも厳しく、閉店時間が来れば止むを得ず廃
棄する食材が多いのが実情です。お店が抱える食材廃棄の悩みと、ちょっとお得に商品を
食べたいユーザー(食べ手)を結びつける取り組みをしているのが「TABETE」

 

飲食店の余ってしまう食事をレスキューするプラットフォームとして活躍しています。「食べて
」と「食べ手」、どちらにとってもメリットのあるシステムとなっています。

 

「TABETE」の利用方法やメリットとは

天候やキャンセルなど予想外の出来事によって発生する食品ロス。

飲食店では様々な工夫や対策を考え、できるだけ廃棄する分を最小限に抑えようと努力しています。それでもなかなかすぐに思うような結果を得ることは困難と言っていいでしょう。

そんな悩みを解決する手段のひとつとして注目される「TABETE」の利用方法やメリットについてご紹介し
ます。

・「TABETE」の利用方法
アプリをダウンロード

自宅や職場など自分が行けるエリアの店舗を検索

レスキュー商品を探す
残っている商品と引き取り時間が表示される
商品は早い者勝ち

クレジット決済
商品の取り置きが可能になる

店舗に着いたら、レスキューチケット(スマホ画面)を見せて商品を受け取る

利用料や会費などは必要なく、商品代金のみの支払いとなっています。
店舗のお気に入り登録もできるので、レスキュー通知を素早く受け取れます。
夕方以降に店舗からのレスキューやその品数が増え、定価より割引された価格で美味しいメニューを手に入れることもできます。

「コンビニやスーパーの惣菜や弁当ばかり食べている」
「作り立ての温かくて美味しいメニューをテイクアウトしたい」

「専門店の本格派メニューをお得に食べたい」
「忙しくて自分で作る時間はないものの、栄養バランスが気になる」
といった人にはオススメです。

 

「TABETE」のメリット

TABETEの店舗側とユーザー側のメリットをまとめました。

店舗側
「廃棄削減」
「売上げUP/コスト削減」
「ブランド力UP」
「新規顧客獲得」

ユーザー側
「手軽に社会貢献」
「新しいお店を発見」
「おいしいメニューを安価で購入」

地球環境
「フードロスの削減」
「エネルギー効率のUP」
「市民の社会的意識向上」
店舗側ではこれまで廃棄していた食品を販売することができるので、売り上げアップに繋がります。

またこのシステムをきっかけにして新しいユーザーとの出会いも広がります。
ユーザー側にとっては本格派メニューをお得に食べられるだけでなく、フードロス削減に貢献できます。この両者の結びつきが地球環境を守る取り組みに直結しているのです。

現在のところ登録店舗は関東地方を中心に約200店あり、レストラン、ベーカリー、スイーツショップ、惣菜店など幅広いジャンルの店が登録しています。今後は順次全国展開をしていくとのことなので、食品ロスの問題に対する意識が高まるきっかけになるかも知れません。

 

「まだ食べられる物」がどんどん捨てられている

・私達が毎日ご飯一杯分を捨てているという現実

平成30年4月に環境省から発表された推計結果では平成27年度の食品廃棄物等の量は約2,842万トン。このうち、まだ食べられるのに関わらず捨てられてしまう食品ロスの量は約646万トンとなっています。これを日本の人口で割り、一人当たりの食品ロスの量として計算してみると、私達は毎日およそご飯お茶碗一杯分を廃棄していることになります。

満足に食事を摂ることのできない貧困家庭が社会問題になっているのにも関わらず、一方でこういった大量の食料廃棄があるという矛盾とも思える現実があることにやるせなさを覚えます。

 

・食品ロスの削減に向けた方針

国としても食品廃棄や食品ロスの問題には力を入れており、これまで「厳しすぎるのでは」と指摘されてきた賞味期限の延長や、食べ残しを持ち帰るドギーバッグの導入、フードバンクの活用なども推進しています。

 

「具体的な取り組み(食品関連事業者・消費者・地方公共団体・国が実施)」

 賞味期限の延長と年月表示化

 食品廃棄物等の継続的な計量

 食べ切り運動の推進

 食中毒等の食品事故が発生するリスク等に関する合意を前提とした食べ残した料理を持ち帰るための容器(ドギーバッグ)の導入

 納品期限の緩和などフードチェーン全体での商慣習の見直し

 フードバンク活動の積極的な活用

 食品ロスの削減に向けた消費者とのコミュニケーション、普及啓発等の推進等

 

・包装状態の不具合だけで捨てられる食品

輸送中のトラブルなどによる包装の不具合も食品ロスの原因になっています。

中身自体はほかの商品と変わりなく、味も質も落ちるわけではないのですが、

製造側→「きれいな包装で納品しなければ返品される」

小売業者→「きれいな包装で店頭に陳列しなければ売れ残る」

消費者→「破損しているものよりは、きれいに包装されたものを購入したい」

という意識がごく当たり前になっているため、ちょっと箱が破れていたり、へこみがあったりするだけでも廃棄されてしまっている現実があります。

 

TABETEで出来るサスティナブルな取り組み

今この時も廃棄され続けているたくさんの食品。

飢餓や貧困に苦しむ人達がいる一方で、毎日大量に廃棄される食べ物がある現実。

この解決に向けて必要となってくるのは「TABETE」のようなプラットフォーム型のサービ

スです。まずはこういった取り組みが広く知られること、面倒だと敬遠するのではなく実際

に利用してみることが大切です。

また「食品ロスの削減に消費者としてできることは何か」という問題に向き合い、賞味期限

の早い商品からの購入や、パッケージ等の汚れや小さな破損を気にせず受け入れられる意

識改革も必要です。

ひとりひとりの小さな努力の積み重ねが、食品ロス削減への大きな一歩に繋がります。

「今すぐできること」

「これからも続けていけること」

を地球のために子供達の未来のために少しずつ始めていきましょう。

 

ライター:Natsuki

Media一覧へ