SDGs

SDGsの17の目標

目標16:平和と公正をすべての人に

SDGs目標16:平和と公正をすべての人に

持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

平和、安定、人権、そして法の支配に基づく効果的なガバナンスは、持続可能な開発の実現に向けた重要な手段です。私たちは亀裂が深まる世界に暮らしています。平和と安全、繁栄が持続している地域もあれば、紛争と暴力という無限の悪循環に陥っていると見られる地域もあります。これは決して仕方のないことではなく、取り組みが必要な問題です。

持続可能な開発目標(SDGs)は、あらゆる形態の暴力を大幅に削減するとともに、政府やコミュニティと協力し、紛争と情勢不安を恒久的に解決することをねらいとしています。法の支配を強化し、人権を推進することは、違法な兵器の流通を削減し、グローバル・ガバナンス機構への開発途上国の参加を強化することとともに、目標実現のプロセスにカギを握る要素となります。

平和と正義の推進は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
16.1 あらゆる場所において、すべての形態の暴力および暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる。
16.2 子どもに対する虐待、搾取、人身売買およびあらゆる形態の暴力および拷問を撲滅する。
16.3 国家および国際的なレベルでの法の支配を促進し、すべての人々に司法への平等なアクセスを提供する。
16.4 2030年までに、違法な資金および武器の取引を大幅に減少させ、盗難された資産の回復および返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。
16.5 あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる。
16.6 あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。
16.7 あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型、および代表的な意思決定を確保する。
16.8 グローバル・ガバナンス機関への開発途上国の参加を拡大・強化する。
16.9 2030年までに、すべての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する。
16.10 国内法規および国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する。
16.a 特に開発途上国において、暴力の防止とテロリズム・犯罪の撲滅に関するあらゆるレベルでのキャパシティ・ビルディングのため、国際協力などを通じて関連国家機関を強化する。
16.b 持続可能な開発のための非差別的な法規および政策を推進し、実施する。

この目標に関連する記事

犠牲を生まない”ヴィーガンブラシ”、メイクにも優しさを

メイクブラシはお化粧時に多用される道具で、多くの女性が所持しているメイク道具です。その多くのメイクブラシは動物の毛で作られており、作る過程で動物が犠牲になっていることを知っていますか。今回は、動物にそのような影響がない「ヴィーガンブラシ」というエシカルな商品について詳しくご紹介していきます。

救われるのは子どもだけではない。環境を改善し続けるチャイルドサポーターの活動

飢餓や貧困、そして学校に通うことができない子どもが多い途上国の問題は、20世紀になった今でも重要なテーマ・課題となっています。
そこには習慣や文化、周りの大人たちの昔ながらの考え方などといった目に見えにくい壁があり、子どもたちの未来への道を阻んでいます。
そんな子どもたちを取り巻く環境を整え、学校へ通えるよう継続的な支援を行っている「チャイルドサポーター」の活動・取り組みについてご紹介していきます。

子どもたちの未来のために…ソフトバンクがやっている支援チャリティスマイル

子どもへの虐待が深刻な社会問題となっている今。中でも虐待を報じるニュースは後を絶ちません。状況に応じた施設に保護する必要がありますが、保護された数年後には大きくなった子ども達はいつかその施設から出ていかなくてはなりません。今回は児童養護施設を退所した後のサポートに目を向けたソフトバンクの「チャリティスマイル」という取り組みについてご紹介します。

「もったいない」日本の精神が世界を救うキャンペーン”MOTTAINAI”

地球環境に負担をかけず、持続可能な循環型社会を目指す「MOTTAINAIキャンペーン」。
植林活動を中心にフリーマーケットやこだわりのアイテムの販売、普段の生活の中でできるエコスタイルな裏技など、環境保護への意識向上に繋がる様々なアプローチを行っています。
今回はこの「MOTTAINAIキャンペーン」のはじまりや、その活動についてご紹介していきます。

TABLE FOR TWOであなたも飢饉問題の救済者に。方法は「ご飯を食べる」だけ!?

TABLE FOR TWOという仕組みをあなたは知っていますか?
TABLE FOR TWOは開発途上国の飢餓と、先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む日本発の社会貢献運動です。
レストランでのランチをちょっとヘルシーなメニューにするだけで、途上国の子どもたちに給食を届けられる…そんな誰もが参加しやすい、メリットの多いシステムが今注目を浴びています。その仕組みについて解説いたします。