SDGs

SDGsの17の目標

目標14:海の豊かさを守ろう

SDGs目標14:海の豊かさを守ろう

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

世界の海洋はその水温、化学的性質、海流および生物を通じて、地球を人類が住める場所にするシステムを構築しています。この極めて重要な資源をどう管理するかは、人類全体にとって、そして気候変動の影響への対策にとって、本質的な課題となっています。

陸上からの排出が主原因である海洋汚染は危険な水準に達し、海洋1平方キロメートル当たり平均で1万3000個のプラスチックごみが見つかっています。持続可能な開発目標(SDGs)は、海洋と沿岸の生態系を持続可能な形で管理し、陸上活動に由来する汚染から守ると共に、海洋酸性化の影響に取り組んでいます。

海洋資源の保全は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
14.1 2025年までに、陸上活動による海洋堆積物や富栄養化をはじめ、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に減少させる。
14.2 2020年までに、海洋および沿岸の生態系のレジリエンス強化や回復取り組みなどを通じた持続的な管理と保護を行い、大きな悪影響を回避し、健全で生産的な海洋を実現する。
14.3 あらゆるレベルでの科学的協力の促進などを通じて、海洋酸性化の影響に対処し最小限化する。
14.4 2020年までに、漁獲を効果的に規制して、乱獲や違法・無報告・無規制(IUU)漁業および破壊的な漁業慣行を撤廃し、科学的情報に基づいた管理計画を実施することにより、実現可能な最短期間で水産資源を、少なくとも各資源の生物学的特性によって定められる持続的生産量のレベルまで回復させる。
14.5 2020年までに、国内法および国際法に則り、入手可能な最適な科学的情報に基づいて、沿岸・海洋エリアの最低10%を保全する。
14.6 2020年までに、開発途上国および後発開発途上国に対する適切かつ効果的な、差異のある特別な待遇がWTO漁業補助金交渉の不可分の要素であるべきことを認識したうえで、過剰生産や乱獲につながる漁業補助金を禁止し、IUUにつながる補助金を撤廃し、同様の新たな補助金の導入を抑制する。
14.7 2030年までに、漁業、水産養殖、および観光の持続可能な管理などを通じた、小島嶼開発途上国および後発開発途上国の海洋資源の持続的な利用による経済的利益を増加させる。
14.a 海洋技術の移転に関するユネスコ政府間海洋学委員会の基準・ガイドラインを勘案し、科学的知識の増進、研究能力の開発、および海洋技術の移転を行い、開発途上国、特に小島嶼開発途上国および後発開発途上国の海洋の健全性の改善と、開発における海洋生物多様性の寄与向上を目指す。
14.b 小規模・伝統的漁業者に対する、漁業および市場へのアクセスを提供する。
14.c 我々が望む未来のパラグラフ158にある通り、海洋および海洋資源保全・持続的利用のための法的枠組みを規定する海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)に反映されている国際法を実施することにより、海洋および海洋資源保全・持続的利用を強化する。

この目標に関連する記事

新しい!人にも環境にも優しいナチュラルクリーニングとは

日々のお掃除の仕方を少し変え流だけで、人にも環境にも優しい「ナチュラルクリーニング」ができるということを知っていますか?ナチュラルクリーニングとは、合成洗剤を使わず、身近にある自然由来のアイテムだけで掃除することです。今回は、自然由来のアイテムの効果的な使い方をご紹介していきます。

沖縄のサンゴ礁も守っていた…意外と知らないQUEENのブライアン・メイの活動

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で再び脚光を浴びて、若い世代にも絶大な人気を誇るイギリス出身ロックバンドの「クイーン」。
そのクイーンのギタリストであるブライアン・メイ氏は音楽だけではなく、天体物理学の博士号取得や、動物愛護運動家としても熱心な活動を行っているって知っていましたか?
この記事ではクイーンのブライアン・メイ氏の音楽活動以外の、あまり知られていないSDGsな活動についてご紹介します。

サスティナブルな買い物ができる楽天モール知ってた?EARTH MALLについて

生活者にとって身近なアクションである「買い物」から未来を変えようという楽天の取り組み「EARTH MALL」。国際的な認証を取得した商品、地域に貢献する商品、伝統文化を守っていく商品、エネルギー消費がより少ない商品など、様々な理由で選ばれた商品を発掘・紹介しています。

THE BODY SHOPが環境問題に真剣に取り組んでいたって知ってた?

フェイスケアやボディケア、フレグランスやメイクアップ用品など多彩なラインナップで知られる「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」ですが、同時に環境や人々の未来を考えた地道な取り組みも行っているのをご存知でしょうか。今回はザ・ボディショップが継続的に取り組むプロジェクトについてご紹介します。

野菜がクレヨンになる!?今、食品廃棄対応のレベルが高すぎる

食品廃棄が社会問題となっている今。食品の再利用を考え、自治体や企業では様々な努力や取り組みが進められ、私たちの生活の中に少しずつ広がりつつあります。ここでは、廃棄される野菜を利用して作られた「おやさいクレヨン」、その姉妹品である「おこめのクレヨン」、「おやさいねんど」など、使う子どもへの安全性にも配慮した素敵なアイテムをご紹介します。

サスティナブルツーリズムって知ってる?エコな旅行が簡単にできちゃう

サスティナブルツーリズムを知っていますか?サスティナブルツーリズムとは「持続可能な観光」という意味で、環境面でも文化面でも、その土地本来の姿を持続的に保つことができるように配慮活動をしていますしながら、観光地としての開発を行ったりサービスの在り方を見定めていく活動をしています。
サスティナブルツーリズムとはどんなものか?
その魅力についてお伝えしていきます。

サルベージ・パーティは食材の救世主!美味しい楽しい取り組みとは?

一般社団法人フードサルベージが運営する食材シェアパーティ、通称「サルベージ・パーティ」。サルベージ・パーティは食べごろギリギリの野菜や買いすぎた加工品、調味料など、いわゆる「もてあましている食材」を皆で持ち寄り、メニューを作り出すという取り組みです。今回の記事ではその取り組みについて詳しくご紹介いたします。