SDGs

SDGsの17の目標

目標14:海の豊かさを守ろう

SDGs目標14:海の豊かさを守ろう

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

世界の海洋はその水温、化学的性質、海流および生物を通じて、地球を人類が住める場所にするシステムを構築しています。この極めて重要な資源をどう管理するかは、人類全体にとって、そして気候変動の影響への対策にとって、本質的な課題となっています。

陸上からの排出が主原因である海洋汚染は危険な水準に達し、海洋1平方キロメートル当たり平均で1万3000個のプラスチックごみが見つかっています。持続可能な開発目標(SDGs)は、海洋と沿岸の生態系を持続可能な形で管理し、陸上活動に由来する汚染から守ると共に、海洋酸性化の影響に取り組んでいます。

海洋資源の保全は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
14.1 2025年までに、陸上活動による海洋堆積物や富栄養化をはじめ、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に減少させる。
14.2 2020年までに、海洋および沿岸の生態系のレジリエンス強化や回復取り組みなどを通じた持続的な管理と保護を行い、大きな悪影響を回避し、健全で生産的な海洋を実現する。
14.3 あらゆるレベルでの科学的協力の促進などを通じて、海洋酸性化の影響に対処し最小限化する。
14.4 2020年までに、漁獲を効果的に規制して、乱獲や違法・無報告・無規制(IUU)漁業および破壊的な漁業慣行を撤廃し、科学的情報に基づいた管理計画を実施することにより、実現可能な最短期間で水産資源を、少なくとも各資源の生物学的特性によって定められる持続的生産量のレベルまで回復させる。
14.5 2020年までに、国内法および国際法に則り、入手可能な最適な科学的情報に基づいて、沿岸・海洋エリアの最低10%を保全する。
14.6 2020年までに、開発途上国および後発開発途上国に対する適切かつ効果的な、差異のある特別な待遇がWTO漁業補助金交渉の不可分の要素であるべきことを認識したうえで、過剰生産や乱獲につながる漁業補助金を禁止し、IUUにつながる補助金を撤廃し、同様の新たな補助金の導入を抑制する。
14.7 2030年までに、漁業、水産養殖、および観光の持続可能な管理などを通じた、小島嶼開発途上国および後発開発途上国の海洋資源の持続的な利用による経済的利益を増加させる。
14.a 海洋技術の移転に関するユネスコ政府間海洋学委員会の基準・ガイドラインを勘案し、科学的知識の増進、研究能力の開発、および海洋技術の移転を行い、開発途上国、特に小島嶼開発途上国および後発開発途上国の海洋の健全性の改善と、開発における海洋生物多様性の寄与向上を目指す。
14.b 小規模・伝統的漁業者に対する、漁業および市場へのアクセスを提供する。
14.c 我々が望む未来のパラグラフ158にある通り、海洋および海洋資源保全・持続的利用のための法的枠組みを規定する海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)に反映されている国際法を実施することにより、海洋および海洋資源保全・持続的利用を強化する。

この目標に関連する記事

アディダスが立ち向かうプラスチック廃棄問題!ゴミを使ったスポーツウェアの正体

幅広い世代から愛され親しまれている「アディダス(adidas)」は、2015年に海洋環境保護団体「パーレイ・フォー・ジ・オーシャンズ(Parley for the Oceans、以下パーレイ)」とパートナーシップを組み、積極的に海洋プラスチック問題の改善に取り組んでいるということをご存知ですか?

この記事では、「アディダス」の画期的な取り組みから、スポーツウェアの新たな可能性をご紹介していきます。

ヘルシンキのSDGs対策が徹底的!排出量24%減…一体なぜ?

環境保全に積極的に取り組んでいる北欧の国、フィンランドの首都ヘルシンキでは、様々なアイデアを駆使したサステナブルな取り組みが行われています。日本にはない厳しい基準が設けられているのにも関わらず、国の姿勢が市民にも受け入れられ、持続可能な環境保護への結果に繋がっています。

新世代のアイデア豊富、漁業の革命”エシカルシーフードチャレンジ”とは

日本の漁業の未来や、食に関する様々な課題を解決するためにスタートしたエシカルシーフードチャレンジは、廃棄されてしまっている海産物などを利用して、新しい商品を開発するという新しい取り組みを行なっています。若い世代の人たちが中心となって食の課題と未来に向き合うエシカルシーフードチャレンジについてご紹介します。

ハローキティ×SDGs!楽しく学んで面白い、キティちゃんのSDGsチャンネルとは

ハローキティは、現在130の国々や地域で人気の高いキャラクターです。キティちゃんがSDGsを広げるために、国連の関連イベントへの参加や動画を配信するなど様々な活動を行っています。今回はキティちゃんがSDGs17の目標を分かりやすく紹介する「ハローキティSDGs応援」の取り組みについてご紹介していきます。

日本が最高峰・サスティナブルレストラン賞受賞!その取り組みと情熱とは

「食」は、命や健康を繋ぐために重要なものであると同時に、毎日の「楽しみ」のひとつでもあります。深い関りのある「食」だからこそ、自然環境や健康に優しいものであることは重要です。今回は世界が認めるサスティナブルレストラン賞を受賞したレストランと、そのオーナーシェフが積極的に取り組んでいる活動についてご紹介します。

食品廃棄物×コンバース!?ドリップコーヒーのカスで染めたスニーカーが今話題に

食品廃棄物を利用して染色したアパレルを展開している「FOOD TEXEILE」と「CONVERSE」のコラボレーションのスニーカーが登場しました。今回販売されるスニーカーは、「Drip Coffee」「Blue Mallow」「Sakura」の3種類でフードテキスタイルの公式オンラインストアなどで2019年8月から販売されます。どのようなスニーカーなのか、またそれぞれの商品に込められた想いや取り組みについてご紹介いたします。

海を守れ!サスティナブル・シーフード空港が変えていく海洋環境

世界的に深刻な社会問題となっている海洋汚染問題に対し、ロンドンのヒースロー空港にて行われている海洋環境を守る取り組みが高く評価されています。世界初の「サスティナブル・シーフード空港」と認定されたヒースロー空港は一体どのような取り組みが行われているのでしょうか。詳しくご紹介いたします。

新しいカタチ!固形シャンプーを展開するサスティナブルコスメethique

プラスチックボトルを使用しないシャンプーなどを販売している「ethicame(エシカミー)」のブランド「ethique(エティーク)」をご存知ですか?エティークが出しているシャンプーは液体ではなく固形型と非常に珍しい物です。今回はエシカルでサスティナブルな商品として注目されているエティークについてご紹介します。

SDGsでダーツやババ抜き!?学びながら楽しめるゲームをご紹介

SDGsのカードゲームやババ抜き、ダーツが今注目されています。17項目あるSDGsを楽しく身近に感じてもらおうとする取り組みが今どんどん進んでいます。今回ご紹介するゲーム達もいたって皆が簡単に参加できるゲームです。この記事ではSDGsの内容を手軽に理解できる3つのゲームをご紹介します。