SDGs

SDGsの17の目標

目標13:気候変動に具体的な対策を

SDGs目標13:気候変動に具体的な対策を

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

気候変動の深刻な影響を目の当たりにしていない国はありません。
地球温暖化は私たちの気候システムに長期的な変化を及ぼしており、私たちが今すぐ対策を講じなければ、取り返しのつかない結果となる可能性があります。

地震や津波、台風、洪水による被害額は年平均で数千億ドルに上り、災害リスク管理への投資だけでも、毎年60億ドルの投資が必要となっています。
政治的な意志と幅広い技術を活用すれば、地球の平均気温上昇を産業革命以前の水準から2℃以内に抑えることができます。そのためには、早急に団結して行動を起こす必要があります。

気候変動への緊急対応は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
13.1 すべての国々において、気候変動に起因する危険や自然災害に対するレジリエンスおよび適応力を強化する。
13.2 気候変動対策を国別の政策、戦略および計画に盛り込む。
13.3 気候変動の緩和、適応、影響軽減、および早期警告に関する教育、啓発、人的能力および制度機能を改善する。
13.a 重要な緩和行動や実施における透明性確保に関する開発途上国のニーズに対応するため、2020年までにあらゆる供給源から年間1,000億ドルを共同動員するという、UNFCCCの先進締約国によりコミットメントを実施し、可能な限り速やかに資本を投下してグリーン気候基金を本格始動させる。
13.b 女性、若者、および社会的弱者コミュニティの重点化などを通じて、後発開発途上国における気候変動関連の効果的な計画策定や管理の能力を向上するためのメカニズムを推進する。

※国連気候変動枠組条約(UNFCCC)が、気候変動への世界的対応について交渉を行う一義的な国際的、政府間対話の場であると認識している。

この目標に関連する記事

サスティナブルな買い物ができる楽天モール知ってた?EARTH MALLについて

生活者にとって身近なアクションである「買い物」から未来を変えようという楽天の取り組み「EARTH MALL」。国際的な認証を取得した商品、地域に貢献する商品、伝統文化を守っていく商品、エネルギー消費がより少ない商品など、様々な理由で選ばれた商品を発掘・紹介しています。

THE BODY SHOPが環境問題に真剣に取り組んでいたって知ってた?

フェイスケアやボディケア、フレグランスやメイクアップ用品など多彩なラインナップで知られる「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」ですが、同時に環境や人々の未来を考えた地道な取り組みも行っているのをご存知でしょうか。今回はザ・ボディショップが継続的に取り組むプロジェクトについてご紹介します。

オーガニック食品の証”有機JASマーク”とは?

オーガニックは私たちの体に優しいことはもちろん、環境に負荷をかけない生産にも繋がります。そもそもオーガニックの基準とはどのようなものなのか、オーガニックを証明するものとは何なのか。今回の記事では、オーガニックについてや、オーガニック食品のマークである『有機JASマーク』について詳しくご紹介します。