SDGs

SDGsの17の目標

目標12:つくる責任つかう責任

SDGs目標12:つくる責任つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

私たちが共有する天然資源の効率的管理と、有害廃棄物や汚染物の処理方法の改善は、この目標達成に向けた重要な課題です。
産業や企業、消費者に廃棄物の発生防止と再利用を促すことも、同じく重要であるほか、開発途上国が2030年までに、より持続可能な消費パターンへと移行できるよう支援する必要もあります。

世界人口の大部分は未だに、基本的ニーズを満たす充足できる資源さえ消費していません。小売店と消費者による1人当たり食品廃棄量を全世界で半減させることも、より効率的な生産とサプライチェーン(原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの行程)を構築する上で重要です。

責任ある生産と消費は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
12.1 持続的な消費と生産に関する10年枠組みプログラム(10YFP)を実施し、先進国主導の下、開発途上国の開発状況や能力を勘案し、すべての国々が対策を講じる。
12.2 2030年までに天然資源の持続可能な管理および効率的な利用を達成する。
12.3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食品廃棄物を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品の損失を減少させる。
12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じて化学物質やすべての廃棄物の環境に配慮した管理を達成し、大気、水、土壌への排出を大幅に削減することにより、ヒトの健康や環境への悪影響を最小限に留める。
12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。
12.6 大企業や多国籍企業をはじめとする企業に対し、持続可能な慣行を導入し、定期報告に持続可能性に関する情報を盛り込むよう奨励する。
12.7 国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を促進する。
12.8 2030年までに、あらゆる場所の人々が持続可能な開発および自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。
12.a 開発途上国に対し、より持続可能な生産消費形態を促進する科学的・技術的能力の強化を支援する。
12.b 持続可能な開発が雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業にもたらす影響のモニタリングツールを開発・導入する。
12.c 破壊的な消費を奨励する非効率的な化石燃料の補助金を合理化する。これは、課税の再編や該当する場合はこうした有害な補助金の段階的廃止による環境影響の明確化などを通じ、各国の状況に応じて市場の歪みを是正することにより行うことができる。また、その際は開発途上国の特別なニーズや状況を考慮し、開発への悪影響を最小限に留め、貧困層や対象コミュニティを保護するようにする。

この目標に関連する記事

新世代のアイデア豊富、漁業の革命”エシカルシーフードチャレンジ”とは

日本の漁業の未来や、食に関する様々な課題を解決するためにスタートしたエシカルシーフードチャレンジは、廃棄されてしまっている海産物などを利用して、新しい商品を開発するという新しい取り組みを行なっています。若い世代の人たちが中心となって食の課題と未来に向き合うエシカルシーフードチャレンジについてご紹介します。

ノーファー・ノーレザー!ステラ・マッカートニーが取り組むサスティナブルファッションとは

ポール・マッカートニーの次女で実力派デザイナーのステラ・マッカートニーは、2001年自身のブランドを立ち上げ、地球環境や人々にやさしい製品づくりにこだわり続けていることでも有名です。レザーやファーを使わない、ステラ・マッカートニーのサスティナブルな取り組みについてご紹介していきます。

ハローキティ×SDGs!楽しく学んで面白い、キティちゃんのSDGsチャンネルとは

ハローキティは、現在130の国々や地域で人気の高いキャラクターです。キティちゃんがSDGsを広げるために、国連の関連イベントへの参加や動画を配信するなど様々な活動を行っています。今回はキティちゃんがSDGs17の目標を分かりやすく紹介する「ハローキティSDGs応援」の取り組みについてご紹介していきます。

ジュエリーが雇用増加や環境保持に繋がる。今エシカルジュエリーが注目される理由とは

様々なシーンで華やかさを演出し、全世界の人々を魅了するジュエリー。裏側では違法な労働や環境汚染などといった、深刻な問題を抱えている現実があります。しかし今、「エシカル・ジュエリー」が注目されはじめています。セレブにも注目されているエシカルジュエリーブランドについて詳しくご紹介いたします。

パンク生みの親ヴィヴィアンウェストウッドのエシカル商品、人気の秘密とは

奇抜なパンクファッションをイメージする人も多い「ヴィヴィアン・ウエストウッド」はパンクファッションというジャンルだけではなく、貧困地域の人々の雇用や地球環境保護に配慮したアイテムを数多く販売しています。この記事では「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のエシカルな取り組みについてご紹介します。

日本が最高峰・サスティナブルレストラン賞受賞!その取り組みと情熱とは

「食」は、命や健康を繋ぐために重要なものであると同時に、毎日の「楽しみ」のひとつでもあります。深い関りのある「食」だからこそ、自然環境や健康に優しいものであることは重要です。今回は世界が認めるサスティナブルレストラン賞を受賞したレストランと、そのオーナーシェフが積極的に取り組んでいる活動についてご紹介します。

食品廃棄物×コンバース!?ドリップコーヒーのカスで染めたスニーカーが今話題に

食品廃棄物を利用して染色したアパレルを展開している「FOOD TEXEILE」と「CONVERSE」のコラボレーションのスニーカーが登場しました。今回販売されるスニーカーは、「Drip Coffee」「Blue Mallow」「Sakura」の3種類でフードテキスタイルの公式オンラインストアなどで2019年8月から販売されます。どのようなスニーカーなのか、またそれぞれの商品に込められた想いや取り組みについてご紹介いたします。

京都で”エシカルドーナツ”誕生!配慮された材料のこだわりとは

2019年3月21日に京都にオープンした「koé donuts」が販売しているエシカルドーナツが今人気急上昇しています。koé donutsでは、男女問わず幅広い世代に親しまれているドーナツを通して、「エシカル」を広げる取り組みをしています。こちらの記事では「koé donuts」について詳しくご紹介します。

今評価されているサスティナブルデザインってどういうデザイン?

今、サスティナブルデザインが注目を浴びています。グッドデザイン賞にも「サスティナブルデザイン賞」部門があり、様々な企業の取り組みが評価されています。今回はサスティナブルデザインとは何を指すのか、サスティナブルデザイン賞を受賞した企業の取り組みなどご紹介します。

新しいカタチ!固形シャンプーを展開するサスティナブルコスメethique

プラスチックボトルを使用しないシャンプーなどを販売している「ethicame(エシカミー)」のブランド「ethique(エティーク)」をご存知ですか?エティークが出しているシャンプーは液体ではなく固形型と非常に珍しい物です。今回はエシカルでサスティナブルな商品として注目されているエティークについてご紹介します。