SDGs

SDGsの17の目標

目標12:つくる責任つかう責任

SDGs目標12:つくる責任つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

私たちが共有する天然資源の効率的管理と、有害廃棄物や汚染物の処理方法の改善は、この目標達成に向けた重要な課題です。
産業や企業、消費者に廃棄物の発生防止と再利用を促すことも、同じく重要であるほか、開発途上国が2030年までに、より持続可能な消費パターンへと移行できるよう支援する必要もあります。

世界人口の大部分は未だに、基本的ニーズを満たす充足できる資源さえ消費していません。小売店と消費者による1人当たり食品廃棄量を全世界で半減させることも、より効率的な生産とサプライチェーン(原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの行程)を構築する上で重要です。

責任ある生産と消費は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
12.1 持続的な消費と生産に関する10年枠組みプログラム(10YFP)を実施し、先進国主導の下、開発途上国の開発状況や能力を勘案し、すべての国々が対策を講じる。
12.2 2030年までに天然資源の持続可能な管理および効率的な利用を達成する。
12.3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食品廃棄物を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品の損失を減少させる。
12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じて化学物質やすべての廃棄物の環境に配慮した管理を達成し、大気、水、土壌への排出を大幅に削減することにより、ヒトの健康や環境への悪影響を最小限に留める。
12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。
12.6 大企業や多国籍企業をはじめとする企業に対し、持続可能な慣行を導入し、定期報告に持続可能性に関する情報を盛り込むよう奨励する。
12.7 国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を促進する。
12.8 2030年までに、あらゆる場所の人々が持続可能な開発および自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。
12.a 開発途上国に対し、より持続可能な生産消費形態を促進する科学的・技術的能力の強化を支援する。
12.b 持続可能な開発が雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業にもたらす影響のモニタリングツールを開発・導入する。
12.c 破壊的な消費を奨励する非効率的な化石燃料の補助金を合理化する。これは、課税の再編や該当する場合はこうした有害な補助金の段階的廃止による環境影響の明確化などを通じ、各国の状況に応じて市場の歪みを是正することにより行うことができる。また、その際は開発途上国の特別なニーズや状況を考慮し、開発への悪影響を最小限に留め、貧困層や対象コミュニティを保護するようにする。

この目標に関連する記事

アディダスが立ち向かうプラスチック廃棄問題!ゴミを使ったスポーツウェアの正体

幅広い世代から愛され親しまれている「アディダス(adidas)」は、2015年に海洋環境保護団体「パーレイ・フォー・ジ・オーシャンズ(Parley for the Oceans、以下パーレイ)」とパートナーシップを組み、積極的に海洋プラスチック問題の改善に取り組んでいるということをご存知ですか?

この記事では、「アディダス」の画期的な取り組みから、スポーツウェアの新たな可能性をご紹介していきます。

ヘルシンキのSDGs対策が徹底的!排出量24%減…一体なぜ?

環境保全に積極的に取り組んでいる北欧の国、フィンランドの首都ヘルシンキでは、様々なアイデアを駆使したサステナブルな取り組みが行われています。日本にはない厳しい基準が設けられているのにも関わらず、国の姿勢が市民にも受け入れられ、持続可能な環境保護への結果に繋がっています。

月に1度200本限定販売のパン屋、環境問題に立ち向かう理由

大阪市鶴見区の大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線横堤駅前にあるパン屋さん「Dank Brot(ダンクブロート)」は、90種類以上の品ぞろえとリーズナブルな価格で販売されており、幅広い世代に人気のお店です。

そんな街でも親しまれる地元の人気店ダンクブロートが2019年7月から「社会貢献を目指した食パン」の販売をスタートしました。

味や食感はもちろんのこと、主原料である小麦粉や販売方法、労働時間や途上国にも配慮した「SDGs食パン」として注目されています。

河野太郎氏が着用の腕時計が、実はヒトにも環境にも優しい超スグレモノだった

最近、twitterなどのSNSで現防衛大臣(当時は外務大臣)を務める河野太郎氏が2019年8月21日中国で行われた日韓外相会談の際に身につけていた腕時計が話題になりました。話題となったきっかけは、公開された写真の中で康京和(カンギョンファ)韓国外相と握手している際に見えた腕時計について、SNS上で金時計と間違われた事から、その後SNS上にて河野氏が「竹ですが、何か。」と反応した事から話題となり、竹製品が注目を浴びるようになりました。

今、スタバファンが一番欲しい”スターバックス×コクヨ”コラボのキャンパスノートとは

今、スターバックスファンが最も注目しているスターバックスとコクヨのコラボ商品” スターバックス キャンパスリングノート”。このキャンパスノートはサステナブルな取り組みで作られています。人気の理由とは、なぜサステナブルなのか?こちらの記事で他スターバックスのサステナブルの取り組みと共にご紹介します。

earth music&ecologyが先陣きった!会社からゴミ箱を撤去した理由

しかし、宮崎あおいさんや鈴木京香さん、広瀬すずさんがメインキャレクターとして務める日本アパレルブランドearth music&ecology(以下、アース)がサスティナブル路線で運営していくことを決め、主力ブランドアースのブランドメッセージを「エシカル」に大体的に決定したことを発表しました。

ZARAのショッピングバッグが変わる背景、アパレル業界No.1が起こす改革とは

世界のアパレル売上高第1位を誇る「ZARA」を運営する「インディテックス」が、新CEOの就任と共に、「サステナブル」な刷新的な経営改革に乗り出しました。未だアパレルブランドがSDGsやサスティナブルの方向にうまくシフトできていない中、業界最大手ZARAが示した革新的な指標が今、注目を浴びています。

コスパ最高!1泊2,800円から泊まれるサステイナブルホテル”KIKKA”の挑戦

2018年8月1日、東京の東神田に革新的なホテル&ホステル「KIKKA」がオープンしました。サスティナブルをコンセプトにしているKIKKAは、1泊2,800円から泊まれるという大変リーズナブルな料金設定となっており注目を浴びています。今回は革新的なサスティナブルホテル「KIKKA」をご紹介いたします。