SDGs

SDGsの17の目標

目標11:住み続けられるまちづくりを

SDGs目標11:住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

現在、世界人口の半分以上が都市部で暮らしています。2050年までに、都市人口は65億人と、全人口の3分の2に達する見込みです。

極度の貧困は都市部に集中することが多いため、国も自治体も、都市部の人口増加への対応に苦慮しています。
都市を安全かつ持続可能にするためには、安全で手頃な価格の住宅へのアクセスを確保し、スラム地区の改善を図らなければなりません。また、公共交通機関に投資し、緑地を整備するとともに、参加型で包摂的な方法で都市計画や管理を改善することも必要です。

持続可能な都市は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
11.1 2030年までに、すべての人々の、適切、安全かつ安価な住宅および基本的サービスへのアクセスを確保し、スラムを改善する。
11.2 2030年までに、脆弱な立場にある人々、女性、子ども、障害者、および高齢者のニーズに特に配慮し、公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供する。
11.3 2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、すべての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。
11.4 世界の文化遺産および自然遺産の保全・開発制限取り組みを強化する。
11.5 2030年までに、貧困層および脆弱な立場にある人々の保護に重点を置き、水害などの災害による死者や被災者数を大幅に削減し、国内総生産比で直接的経済損失を大幅に減らす。
11.6 2030年までに、大気質、自治体などによる廃棄物管理への特別な配慮などを通じて、都市部の一人当たり環境影響を軽減する。
11.7 2030年までに、女性・子ども、高齢者および障害者を含め、人々に安全で包摂的かつ利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する。
11.a 各国・地球規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部、および農村部間の良好なつながりを支援する。
11.b 2020年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対するレジリエンスを目指す総合的政策および計画を導入・実施した都市および人間居住地の件数を大幅に増加させ、仙台防災枠組2015-2030に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定と実施を行う。
11.c 財政および技術的支援などを通じて、後発開発途上国における現地の資材を用いた、持続可能かつレジリエントな建造物の整備を支援する。

この目標に関連する記事

新しい!人にも環境にも優しいナチュラルクリーニングとは

日々のお掃除の仕方を少し変え流だけで、人にも環境にも優しい「ナチュラルクリーニング」ができるということを知っていますか?ナチュラルクリーニングとは、合成洗剤を使わず、身近にある自然由来のアイテムだけで掃除することです。今回は、自然由来のアイテムの効果的な使い方をご紹介していきます。

実は簡単!自分の庭をサスティナブル・ガーデンにする方法

「サスティナブル・ガーデニング」をご存知でしょうか?日常的なガーデニングがサスティブナルな活動に繋がります。どのような庭造りが持続可能な環境づくりへと繋がるのでしょうか。この記事ではサスティナブル・ガーデニングについてどんな取り組みがなされているか、その実践方法をご紹介します。

“きかんしゃトーマス”でSDGsを学ぶ、新しいアプローチとは?

全世界の子ども達に大人気「きかんしゃトーマスとなかまたち」に「持続可能な開発目標(SDGs)」を盛り込んだ新しいシリーズが登場しました。国連とタッグを組み、子どものうちからSDGsへの意識を持てるようにと始まった取り組みです今回はSDGsに取り組み始めたきかんしゃトーマスの内容について取り上げます。

サスティナブルな買い物ができる楽天モール知ってた?EARTH MALLについて

生活者にとって身近なアクションである「買い物」から未来を変えようという楽天の取り組み「EARTH MALL」。国際的な認証を取得した商品、地域に貢献する商品、伝統文化を守っていく商品、エネルギー消費がより少ない商品など、様々な理由で選ばれた商品を発掘・紹介しています。

THE BODY SHOPが環境問題に真剣に取り組んでいたって知ってた?

フェイスケアやボディケア、フレグランスやメイクアップ用品など多彩なラインナップで知られる「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」ですが、同時に環境や人々の未来を考えた地道な取り組みも行っているのをご存知でしょうか。今回はザ・ボディショップが継続的に取り組むプロジェクトについてご紹介します。

野菜がクレヨンになる!?今、食品廃棄対応のレベルが高すぎる

食品廃棄が社会問題となっている今。食品の再利用を考え、自治体や企業では様々な努力や取り組みが進められ、私たちの生活の中に少しずつ広がりつつあります。ここでは、廃棄される野菜を利用して作られた「おやさいクレヨン」、その姉妹品である「おこめのクレヨン」、「おやさいねんど」など、使う子どもへの安全性にも配慮した素敵なアイテムをご紹介します。

サスティナブルツーリズムって知ってる?エコな旅行が簡単にできちゃう

サスティナブルツーリズムを知っていますか?サスティナブルツーリズムとは「持続可能な観光」という意味で、環境面でも文化面でも、その土地本来の姿を持続的に保つことができるように配慮活動をしていますしながら、観光地としての開発を行ったりサービスの在り方を見定めていく活動をしています。
サスティナブルツーリズムとはどんなものか?
その魅力についてお伝えしていきます。

今年はさらに盛り上がりそう!2019年ロハスフェスタの参加方法を解説!

2019年3月21日、福岡にてロハスフェスタがスタートしました!ロハスフェスタの会場内には手づくり雑貨や家具、オーガニックコットンの服、アクセサリー、健康的な食材で作られたフードやスイーツ等が並び、体験コーナーやステージイベントも楽しむことができます。今回はロハスフェスタの参加方法や概要をご紹介します。