SDGs

SDGsの17の目標

目標10:人や国の不平等をなくそう

SDGs目標10:人や国の不平等をなくそう

国内および国家間の格差を是正する

世界の最富裕層の10%が全世界の所得の40%近くを占有しています。所得の不平等の高まりは、紛れもない事実です。

所得格差は、グローバルな解決を要する国際問題です。問題の解決には、金融市場・機関の規制と監視を改善し、必要性が最も大きい地域に対する開発援助と外国直接投資を促さなければなりません。安全な移住を促進し、人々の移動性を高めることも、格差拡大を食い止めるうえで重要となります。

格差の是正は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
10.1 2030年までに、各国の所得下位40%の所得成長率について、国内平均を上回る数値を漸進的に達成し、持続させる。
10.2 2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、すべての人々のエンパワーメント、および社会的、経済的、および政治的な包含を促進する。
10.3 差別的な法律、政策、および慣行の撤廃、ならびに適切な関連法規、政策、行動の促進などを通じて、機会均等を確保し、成果の不平等を是正する。
10.4 税制、賃金、社会保障政策をはじめとする政策を導入し、平等の拡大を漸進的に達成する。
10.5 世界金融市場と金融機関に対する規制とモニタリングを改善し、こうした規制の実施を強化する。
10.6 グローバルな国際経済・金融制度の意思決定における開発途上国の参加や発言力を拡大させることにより、より効果的で信用力があり、説明責任のある正当な制度を実現する。
10.7 計画に基づき良く管理された人の移動政策の実施などを通じて、秩序の取れた、安全で一定的かつ責任ある移動やモビリティーを促進する。
10.a 世界貿易機関(WTO)の協定に従い、後発開発途上国をはじめとして、開発途上国に対する差異のある特別な待遇の原則を実施する。
10.b 後発開発途上国、アフリカ諸国、小島嶼開発途上国および内陸開発途上国をはじめとするニーズが最も大きい国々を対象に、各国の計画やプログラムに従って、政府開発援助(ODA)および外国直接投資を含む資金フローを促進する。
10.c 2030年までに、移動労働者による送金コストを3%未満に引き下げ、コストが5%を超える送金経路を撤廃する。

この目標に関連する記事

世界的女優エマ・ワトソンが取り組むフェアトレード、その現実とは

映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役として有名なエマ・ワトソン。2017年に公開ディズニー映画「美女と野獣」では主人公・ベル役を演じ一躍話題となりました。フェアトレードに対する意識も高く「ピープルツリー」のクリエイティブアドバイザーを務めるエマ・ワトソンの活動をご紹介していきます。

無印良品が取り組むプロジェクト”子どもと地球の大事なこと”とは?

「ムジラー」と呼ばれるファンユーザーがいるほど、幅広い世代に認められている有名企業ブランド”無印良品”。無印良品では販売やサービスのほかに、地球環境や社会全体の問題や課題の解決とも真摯に向き合う取り組みも行っているのを知っていましたか?この記事では取り組まれているプロジェクトをご紹介します。

救われるのは子どもだけではない。環境を改善し続けるチャイルドサポーターの活動

飢餓や貧困、そして学校に通うことができない子どもが多い途上国の問題は、20世紀になった今でも重要なテーマ・課題となっています。
そこには習慣や文化、周りの大人たちの昔ながらの考え方などといった目に見えにくい壁があり、子どもたちの未来への道を阻んでいます。
そんな子どもたちを取り巻く環境を整え、学校へ通えるよう継続的な支援を行っている「チャイルドサポーター」の活動・取り組みについてご紹介していきます。

子どもたちの未来のために…ソフトバンクがやっている支援チャリティスマイル

子どもへの虐待が深刻な社会問題となっている今。中でも虐待を報じるニュースは後を絶ちません。状況に応じた施設に保護する必要がありますが、保護された数年後には大きくなった子ども達はいつかその施設から出ていかなくてはなりません。今回は児童養護施設を退所した後のサポートに目を向けたソフトバンクの「チャリティスマイル」という取り組みについてご紹介します。

「もったいない」日本の精神が世界を救うキャンペーン”MOTTAINAI”

地球環境に負担をかけず、持続可能な循環型社会を目指す「MOTTAINAIキャンペーン」。
植林活動を中心にフリーマーケットやこだわりのアイテムの販売、普段の生活の中でできるエコスタイルな裏技など、環境保護への意識向上に繋がる様々なアプローチを行っています。
今回はこの「MOTTAINAIキャンペーン」のはじまりや、その活動についてご紹介していきます。

TABLE FOR TWOであなたも飢饉問題の救済者に。方法は「ご飯を食べる」だけ!?

TABLE FOR TWOという仕組みをあなたは知っていますか?
TABLE FOR TWOは開発途上国の飢餓と、先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む日本発の社会貢献運動です。
レストランでのランチをちょっとヘルシーなメニューにするだけで、途上国の子どもたちに給食を届けられる…そんな誰もが参加しやすい、メリットの多いシステムが今注目を浴びています。その仕組みについて解説いたします。