SDGs

SDGsの17の目標

目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう

SDGs目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

インフラと技術革新への継続的な投資は、経済成長と開発には欠かせない要素です。世界人口の半数以上が都市部で暮らしていることから、大量輸送と再生可能なエネルギーとともに、新たな産業の成長と情報通信技術の重要性も今まで以上に増しています。

今でも40億人がインターネットを利用できませんが、その90%は開発途上地域に暮らしています。情報と知識への平等なアクセスを確保し、その結果として技術革新と起業を促進するためには、このデジタル格差の解消が欠かせません。

インフラと技術革新への投資は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要となります。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
9.1 質が高く信頼できる持続可能かつレジリエントな地域・越境インフラなどのインフラを開発し、すべての人々の安価なアクセスに重点を置いた経済発展と人間の福祉を支援する。
9.2 包摂的かつ持続可能な産業化を促進し、2030年までに各国の状況に応じて雇用およびGDPに占める産業セクターの割合を大幅に増加させる。後発開発途上国については同割合を倍増させる。
9.3 特に開発途上国における小規模の製造業その他の企業の、安価な資金貸付などの金融サービスやバリューチェーンおよび市場への統合へのアクセスを拡大する。
9.4 2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術および環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。すべての国々は各国の能力に応じた取り組みを行う。
9.5 2030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとするすべての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。
9.a アフリカ諸国、後発開発途上国、内陸開発途上国および小島嶼開発途上国への金融・テクノロジー・技術的支援の強化を通じて、開発途上国における持続可能かつレジリエントなインフラ開発を促進させる。
9.b 産業の多様化や商品への付加価値創造などに資する政策環境の確保などを通じて、開発途上国の国内における技術開発、研究およびイノベーションを支援する。
9.c 後発開発途上国において情報通信技術へのアクセスを大幅に向上させ、2020年までに普遍的かつ安価なインターネット・アクセスを提供できるよう図る。

この目標に関連する記事

世界的女優エマ・ワトソンが取り組むフェアトレード、その現実とは

映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役として有名なエマ・ワトソン。2017年に公開ディズニー映画「美女と野獣」では主人公・ベル役を演じ一躍話題となりました。フェアトレードに対する意識も高く「ピープルツリー」のクリエイティブアドバイザーを務めるエマ・ワトソンの活動をご紹介していきます。

‶世界で一番サスティナブル″目指すマークス&スペンサーのスーツとは

2012年、有名スーツブランドマークス&スペンサーが「世界で一番サスティナブルなスーツ」の開発を発表し、ファッション業界だけではなく様々な業界人が注目しました。スーツを作る、というサービスだけではなく、未来を考えたプロジェクトを積極的に実施している「マークス&スペンサー」の魅力についてご紹介します。

今カリフォルニアワインがアツい…選ぶべきサスティナブルワインとは

近年、サスティナブル農法によるワインが注目を浴びつつあります。

私たち消費者にとっては馴染みがありませんが、実は生産者の間ではサスティナブルを考えたワイン生産が浸透してきています。
サスティナブルなワインとは一体どんなものなのか?
こちらの記事にてご紹介します。

救われるのは子どもだけではない。環境を改善し続けるチャイルドサポーターの活動

飢餓や貧困、そして学校に通うことができない子どもが多い途上国の問題は、20世紀になった今でも重要なテーマ・課題となっています。
そこには習慣や文化、周りの大人たちの昔ながらの考え方などといった目に見えにくい壁があり、子どもたちの未来への道を阻んでいます。
そんな子どもたちを取り巻く環境を整え、学校へ通えるよう継続的な支援を行っている「チャイルドサポーター」の活動・取り組みについてご紹介していきます。

自分の不調がわかる下着?!オーガニックコットンやシルクを使用したインナーLiv:raがすごい

古くから日本に伝わる草木染め。植物そのものの色を楽しむだけでなく、秘められたパワーにより私たち人間の健康を守り続けてきてくれました。
そんな植物たちの素晴らしさを伝え続けていくため、天然の素材にこだわり、ひとつひとつの商品を丁寧に染め上げる「Liv:ra」の商品。今回は草木染めや天然素材を使用することのメリットについてご紹介していきます。

オーガニックコットンで地球環境を守る活動ができる”オーガビッツ”

「オーガビッツ(Orgabits)」という言葉を知っていますか?これはオーガニックコットンを通して、みんなで「ちょっと(bits)」ずつ地球環境に貢献しようという想いからスタートした取り組みです。今回はオーガビッツの活動内容や、どのようなプロジェクトに参画しているかなどご紹介いたします。

GUCCIからH&M、ZARAも!?今ファッション業界がサスティナブルで溢れてる

近年、ファッション業界では環境への配慮はもちろん、倫理的な素材調達や労働者の権利を守るサスティナブルに取り組むことは、大いに注目され日常化となっています。では、各ブランドから発表されているサスティナブルファッションとは、どんなものなのでしょうか。今回の記事ではサスティナブルファッションでも注目されているブランドをご紹介します。