SDGs

SDGsの17の目標

目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに

SDGs目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに。

すべての人に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

昨今代替エネルギーの利用を促す新たな潮流が生まれており、2011年には、再生可能なエネルギーが全世界のエネルギー供給の20%以上を占めるようになりました。しかし、今でも5人に1人が電力を利用できておらず、需要が増え続ける中で、全世界で再生可能エネルギーの生産を大幅に拡大する必要が生じています。

2030年までに手ごろな電力を完全に普及させるためには、太陽光や風力、地熱などのクリーンなエネルギー源に投資しなければなりません。
すべての開発途上国でインフラを整備し、クリーンなエネルギー源を提供できる技術を改善することは、成長を促しつつも環境保全を図るうえで不可欠な目標です。

持続可能なエネルギーの確保は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
7.1 2030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。
7.2 2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。
7.3 2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。
7.a 2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率、および先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究および技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。
7.b 2030年までに、各々の支援プログラムに沿って開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国、内陸開発途上国のすべての人々に現代的で持続可能なエネルギーサービスを供給できるよう、インフラ拡大と技術向上を行う。

この目標に関連する記事

アディダスが立ち向かうプラスチック廃棄問題!ゴミを使ったスポーツウェアの正体

幅広い世代から愛され親しまれている「アディダス(adidas)」は、2015年に海洋環境保護団体「パーレイ・フォー・ジ・オーシャンズ(Parley for the Oceans、以下パーレイ)」とパートナーシップを組み、積極的に海洋プラスチック問題の改善に取り組んでいるということをご存知ですか?

この記事では、「アディダス」の画期的な取り組みから、スポーツウェアの新たな可能性をご紹介していきます。

ヘルシンキのSDGs対策が徹底的!排出量24%減…一体なぜ?

環境保全に積極的に取り組んでいる北欧の国、フィンランドの首都ヘルシンキでは、様々なアイデアを駆使したサステナブルな取り組みが行われています。日本にはない厳しい基準が設けられているのにも関わらず、国の姿勢が市民にも受け入れられ、持続可能な環境保護への結果に繋がっています。

河野太郎氏が着用の腕時計が、実はヒトにも環境にも優しい超スグレモノだった

最近、twitterなどのSNSで現防衛大臣(当時は外務大臣)を務める河野太郎氏が2019年8月21日中国で行われた日韓外相会談の際に身につけていた腕時計が話題になりました。話題となったきっかけは、公開された写真の中で康京和(カンギョンファ)韓国外相と握手している際に見えた腕時計について、SNS上で金時計と間違われた事から、その後SNS上にて河野氏が「竹ですが、何か。」と反応した事から話題となり、竹製品が注目を浴びるようになりました。

ハローキティ×SDGs!楽しく学んで面白い、キティちゃんのSDGsチャンネルとは

ハローキティは、現在130の国々や地域で人気の高いキャラクターです。キティちゃんがSDGsを広げるために、国連の関連イベントへの参加や動画を配信するなど様々な活動を行っています。今回はキティちゃんがSDGs17の目標を分かりやすく紹介する「ハローキティSDGs応援」の取り組みについてご紹介していきます。

日本が最高峰・サスティナブルレストラン賞受賞!その取り組みと情熱とは

「食」は、命や健康を繋ぐために重要なものであると同時に、毎日の「楽しみ」のひとつでもあります。深い関りのある「食」だからこそ、自然環境や健康に優しいものであることは重要です。今回は世界が認めるサスティナブルレストラン賞を受賞したレストランと、そのオーナーシェフが積極的に取り組んでいる活動についてご紹介します。