SDGs

SDGsの17の目標

目標4:質の高い教育をみんなに

SDGs目標4:質の高い教育をみんなに

すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

開発途上地域では高い貧困率や武力紛争、その他の緊急事態といった大きな課題に直面し、西アジアと北アフリカでは、武力紛争の長期化によって、学校に通えない子どもの割合が増えています。

すべての人に包摂的で質の高い教育を普及させるという目標は、持続可能な開発にとって、教育が最も有効かつ効果的な手段であるということを再認識するものです。
この目標は、2030年までにすべての男女が無償で初等・中等教育を修了することを目指しています。また、職業訓練の平等な機会を提供し、ジェンダーと貧富による格差を解消することで、全世界で質の高い高等教育機会を提供することも、この目標の一つの狙いです。

質の高い教育の普及は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
4.1 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、適切かつ有効な学習成果をもたらす、自由かつ公平で質の高い初等教育および中等教育を修了できるようにする。
4.2 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、質の高い早期幼児の開発、ケア、および就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
4.3 2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、安価で質の高い技術教育、職業教育、および大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、ディーセント・ワークおよび起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
4.5 2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民および脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
4.6 2030年までに、すべての若者および成人の大多数(男女ともに)が、読み書き能力および基本的計算能力を身に付けられるようにする。
4.7 2030年までに.持続可能な開発と持続可能なライフスタイル、人権、ジェンダー平等、平和と非暴力の文化、グローバル市民、および文化的多様性と文化が持続可能な開発にもたらす貢献の理解などの教育を通じて、すべての学習者が持続可能な開発を推進するための知識とスキルを獲得するようにする。
4.a 子ども、障害、およびジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
4.b 2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国、ならびにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国およびその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
4.c 2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国における教員養成のための国際協力などを通じて、資格を持つ教員の数を大幅に増加させる。

この目標に関連する記事

無印良品が取り組むプロジェクト”子どもと地球の大事なこと”とは?

「ムジラー」と呼ばれるファンユーザーがいるほど、幅広い世代に認められている有名企業ブランド”無印良品”。無印良品では販売やサービスのほかに、地球環境や社会全体の問題や課題の解決とも真摯に向き合う取り組みも行っているのを知っていましたか?この記事では取り組まれているプロジェクトをご紹介します。

救われるのは子どもだけではない。環境を改善し続けるチャイルドサポーターの活動

飢餓や貧困、そして学校に通うことができない子どもが多い途上国の問題は、20世紀になった今でも重要なテーマ・課題となっています。
そこには習慣や文化、周りの大人たちの昔ながらの考え方などといった目に見えにくい壁があり、子どもたちの未来への道を阻んでいます。
そんな子どもたちを取り巻く環境を整え、学校へ通えるよう継続的な支援を行っている「チャイルドサポーター」の活動・取り組みについてご紹介していきます。

実は簡単!自分の庭をサスティナブル・ガーデンにする方法

「サスティナブル・ガーデニング」をご存知でしょうか?日常的なガーデニングがサスティブナルな活動に繋がります。どのような庭造りが持続可能な環境づくりへと繋がるのでしょうか。この記事ではサスティナブル・ガーデニングについてどんな取り組みがなされているか、その実践方法をご紹介します。

“きかんしゃトーマス”でSDGsを学ぶ、新しいアプローチとは?

全世界の子ども達に大人気「きかんしゃトーマスとなかまたち」に「持続可能な開発目標(SDGs)」を盛り込んだ新しいシリーズが登場しました。国連とタッグを組み、子どものうちからSDGsへの意識を持てるようにと始まった取り組みです今回はSDGsに取り組み始めたきかんしゃトーマスの内容について取り上げます。

自分の不調がわかる下着?!オーガニックコットンやシルクを使用したインナーLiv:raがすごい

古くから日本に伝わる草木染め。植物そのものの色を楽しむだけでなく、秘められたパワーにより私たち人間の健康を守り続けてきてくれました。
そんな植物たちの素晴らしさを伝え続けていくため、天然の素材にこだわり、ひとつひとつの商品を丁寧に染め上げる「Liv:ra」の商品。今回は草木染めや天然素材を使用することのメリットについてご紹介していきます。

野菜がクレヨンになる!?今、食品廃棄対応のレベルが高すぎる

食品廃棄が社会問題となっている今。食品の再利用を考え、自治体や企業では様々な努力や取り組みが進められ、私たちの生活の中に少しずつ広がりつつあります。ここでは、廃棄される野菜を利用して作られた「おやさいクレヨン」、その姉妹品である「おこめのクレヨン」、「おやさいねんど」など、使う子どもへの安全性にも配慮した素敵なアイテムをご紹介します。

日常の疲れもサスティナブルに癒しちゃお!魅力アイデア3選

目まぐるしく移り変わる現代社会の中で頑張っているあなたへ、日々の疲れをため込んでいませんか?
たまにはゆっくりお風呂に入ったり、マッサージをしたり、スキンケアをしたり…。
癒しタイムの中に、“優しいもの”に触れませんか?
体に優しいのはもちろん、動物にも環境にも優しいものなら、なおさら心が安らぎます。
今回は、疲れをサスティナブルに癒やすアイデアをご紹介します。

サルベージ・パーティは食材の救世主!美味しい楽しい取り組みとは?

一般社団法人フードサルベージが運営する食材シェアパーティ、通称「サルベージ・パーティ」。サルベージ・パーティは食べごろギリギリの野菜や買いすぎた加工品、調味料など、いわゆる「もてあましている食材」を皆で持ち寄り、メニューを作り出すという取り組みです。今回の記事ではその取り組みについて詳しくご紹介いたします。

オーガニックコットンで地球環境を守る活動ができる”オーガビッツ”

「オーガビッツ(Orgabits)」という言葉を知っていますか?これはオーガニックコットンを通して、みんなで「ちょっと(bits)」ずつ地球環境に貢献しようという想いからスタートした取り組みです。今回はオーガビッツの活動内容や、どのようなプロジェクトに参画しているかなどご紹介いたします。