SDGs

SDGsの17の目標

目標3:すべての人に健康と福祉を

SDGs目標3:すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

今現在も、5歳の誕生日を迎えられずに命を落とす子どもは依然として600万人を超えています。毎日、はしかや結核など、予防可能な病気で1万6000人の子どもが命を失っています。
妊娠と出産によって生じる合併症で死亡する女性の数は1日数百人を数え、開発途上地域の農村部では、医療専門家の付き添いのある出産件数が全体のわずか56%に留まっています。
依然としてHIVが猛威を振るうサハラ以南アフリカでは、エイズが思春期の若者世代で最大の死因となっています。

持続可能な開発目標(SDGs)は、エイズ、結核、マラリアその他の感染症の蔓延を2030年までに食い止めるという、大きな誓約をしています。その狙いは、医療を完全に普及させ、すべての人が安全で効果的な医薬品とワクチンを利用できるようにすることです。

健康と福祉の推進は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を10万人当たり70人未満に削減する。
3.2 全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、2030年までに、新生児および5歳未満時の予防可能な死亡を根絶する。
3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症およびその他の感染症に対処する。
3.4 2030年までに、非感染症疾患(NCD)による早期死亡を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する。
3.5 麻薬乱用やアルコールの有害な摂取を含む、薬物乱用の防止・治療を強化する。
3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。
3.7 2030年までに、家族計画、情報・教育、およびリプロダクティブ・ヘルスの国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関するヘルスケアをすべての人々が利用できるようにする。
3.8 すべての人々に対する財政保障、質の高い基礎的なヘルスケア・サービスへのアクセス、および安全で効果的、かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンのアクセス提供を含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。
3.9 2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。
3.a すべての国々において、たばこ規制枠組条約の実施を適宜強化する。
3.b 主に開発途上国に影響を及ぼしている感染性および非感染性疾患のワクチンおよび医薬品の研究開発を支援する。また、ドーハ宣言に従い安価な必須医薬品およびワクチンへのアクセスを提供する。同宣言は公衆衛生保護およびすべての人々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)」の柔軟性に関する規定を完全に行使する開発途上国の権利を確約したものである。
3.c 開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国において保健財政、および保健従事者の採用、能力開発・訓練、および定着を大幅に拡大させる。
3.d すべての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康リスクの早期警告、リスク緩和およびリスク管理のための能力を強化する。

この目標に関連する記事

新しい!人にも環境にも優しいナチュラルクリーニングとは

日々のお掃除の仕方を少し変え流だけで、人にも環境にも優しい「ナチュラルクリーニング」ができるということを知っていますか?ナチュラルクリーニングとは、合成洗剤を使わず、身近にある自然由来のアイテムだけで掃除することです。今回は、自然由来のアイテムの効果的な使い方をご紹介していきます。

救われるのは子どもだけではない。環境を改善し続けるチャイルドサポーターの活動

飢餓や貧困、そして学校に通うことができない子どもが多い途上国の問題は、20世紀になった今でも重要なテーマ・課題となっています。
そこには習慣や文化、周りの大人たちの昔ながらの考え方などといった目に見えにくい壁があり、子どもたちの未来への道を阻んでいます。
そんな子どもたちを取り巻く環境を整え、学校へ通えるよう継続的な支援を行っている「チャイルドサポーター」の活動・取り組みについてご紹介していきます。

お笑い×SDGs!吉本興業が開催するイベント活動とは

吉本興業は2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」のPRに積極的に取り組んでいます。吉本興業ならではの「笑い」を取り入れたSDGsのPRとはどういうものなのでしょうか。ここでは吉本興業のSDGsに取り組むイベントや活動の一部をご紹介していきます。

子どもたちの未来のために…ソフトバンクがやっている支援チャリティスマイル

子どもへの虐待が深刻な社会問題となっている今。中でも虐待を報じるニュースは後を絶ちません。状況に応じた施設に保護する必要がありますが、保護された数年後には大きくなった子ども達はいつかその施設から出ていかなくてはなりません。今回は児童養護施設を退所した後のサポートに目を向けたソフトバンクの「チャリティスマイル」という取り組みについてご紹介します。

手洗いで「命」が守れる。今知っておくべきSARAYAプロジェクトの取り組み

アフリカのウガンダに、薬用石けんやアルコール消毒剤を用いて正しい手洗いの方法を広げている「SARAYA(サラヤ)」。
ヤシノミ洗剤でも知られるサラヤは、人や環境にやさしい取り組みを積極的に行っています。今回はSARAYAプロジェクトについて詳しく解説します。

THE BODY SHOPが環境問題に真剣に取り組んでいたって知ってた?

フェイスケアやボディケア、フレグランスやメイクアップ用品など多彩なラインナップで知られる「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」ですが、同時に環境や人々の未来を考えた地道な取り組みも行っているのをご存知でしょうか。今回はザ・ボディショップが継続的に取り組むプロジェクトについてご紹介します。

日常の疲れもサスティナブルに癒しちゃお!魅力アイデア3選

目まぐるしく移り変わる現代社会の中で頑張っているあなたへ、日々の疲れをため込んでいませんか?
たまにはゆっくりお風呂に入ったり、マッサージをしたり、スキンケアをしたり…。
癒しタイムの中に、“優しいもの”に触れませんか?
体に優しいのはもちろん、動物にも環境にも優しいものなら、なおさら心が安らぎます。
今回は、疲れをサスティナブルに癒やすアイデアをご紹介します。