SDGs

SDGsの17の目標

目標2:飢餓をゼロに

SDGs目標2:飢餓をゼロに

飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

過去20年間の経済の急成長と農業生産の拡大により、栄養不良の人の割合はほぼ半減しました。かつては飢饉や飢餓に苦しんだ多くの開発途上国も、社会的最弱者層の栄養ニーズを満たせるようになっています。

しかし残念ながら、極度の貧困と栄養不良は依然として、多くの国々の発展を妨げる大きな障害となっています。アフリカでは、今でも4人に1人が空腹のまま眠りについています。

飢餓をなくすことは、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
2.1 2030年までに、飢餓を撲滅し、すべての人々、特に貧困層および幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食糧を十分得られるようにする。
2.2 5歳未満の子どもの発育障害や衰弱について国際的に合意されたターゲットを2025年までに達成するなど、2030年までにあらゆる形態の栄養失調を撲滅し、若年女子、妊婦・授乳婦、および高齢者の栄養ニーズへの対処を行う。
2.3 2030年までに、土地その他の生産資源、投入財、知識、金融サービス、市場、および付加価値や非農業雇用の機会への平等なアクセスの確保などを通じて、女性、先住民族、小規模な家族経営の農家、牧畜家および漁師をはじめとする、小規模食糧生産者の農業生産性および所得を倍増させる。
2.4 2030年までに、持続可能な食糧生産システムを確保し、生産性および生産の向上につながるレジリエントな農業を実践することにより、生態系の保全、気候変動や極端な気象現象、干ばつ、洪水その他の災害への適応能力向上、および土地と土壌の質の漸進的改良を促す。
2.5 2020年までに、国内、地域、および国際レベルで適正に管理および多様化された種子・植物バンクなどを通じて、種子、栽培植物、飼育動物・家畜、およびその近縁野生種の遺伝的多様性を維持し、国際的合意に基づく遺伝資源および伝統的な関連知識の活用による便益へのアクセスおよび公正かつ公平な共有を推進する。
1.a 国際協力の強化などを通じて、農村インフラ、農業研究・普及サービス、技術開発、および植物・家畜遺伝子バンクへの投資を拡大し、開発途上国、特に後発開発途上国における農業生産の強化を図る。
1.b ドーハ開発ラウンドの決議に従い、あらゆる形態の農産物輸出補助金および同一の効果を伴うすべての輸出措置の並行的廃止など、世界の農産物市場における貿易制限や歪みを是正および防止する。
2.c 農産物商品市場およびデリバティブ市場の適正な機能を確保するための措置を講じ、食糧備蓄などの市場情報への適時のアクセスを容易にすることにより、食糧価格の極端な変動に歯止めをかける。

この目標に関連する記事

月に1度200本限定販売のパン屋、環境問題に立ち向かう理由

大阪市鶴見区の大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線横堤駅前にあるパン屋さん「Dank Brot(ダンクブロート)」は、90種類以上の品ぞろえとリーズナブルな価格で販売されており、幅広い世代に人気のお店です。

そんな街でも親しまれる地元の人気店ダンクブロートが2019年7月から「社会貢献を目指した食パン」の販売をスタートしました。

味や食感はもちろんのこと、主原料である小麦粉や販売方法、労働時間や途上国にも配慮した「SDGs食パン」として注目されています。

コスパ最高!1泊2,800円から泊まれるサステイナブルホテル”KIKKA”の挑戦

2018年8月1日、東京の東神田に革新的なホテル&ホステル「KIKKA」がオープンしました。サスティナブルをコンセプトにしているKIKKAは、1泊2,800円から泊まれるという大変リーズナブルな料金設定となっており注目を浴びています。今回は革新的なサスティナブルホテル「KIKKA」をご紹介いたします。

ハローキティ×SDGs!楽しく学んで面白い、キティちゃんのSDGsチャンネルとは

ハローキティは、現在130の国々や地域で人気の高いキャラクターです。キティちゃんがSDGsを広げるために、国連の関連イベントへの参加や動画を配信するなど様々な活動を行っています。今回はキティちゃんがSDGs17の目標を分かりやすく紹介する「ハローキティSDGs応援」の取り組みについてご紹介していきます。

ジュエリーが雇用増加や環境保持に繋がる。今エシカルジュエリーが注目される理由とは

様々なシーンで華やかさを演出し、全世界の人々を魅了するジュエリー。裏側では違法な労働や環境汚染などといった、深刻な問題を抱えている現実があります。しかし今、「エシカル・ジュエリー」が注目されはじめています。セレブにも注目されているエシカルジュエリーブランドについて詳しくご紹介いたします。

衝撃…7人に1人の子どもが貧困という問題に取り組む”おてらおやつクラブ”

今現代、日本の子どもの7人に1人が貧困状態にあるということをご存知ですか?今、子どもの貧困問題に対して取り組む「おてらおやつクラブ」が注目されています。全国のお寺をネットワークとし、食糧支援活動を行う「おてらおやつクラブ」についてご紹介します。

広瀬アリスが送る、妹すずへの”世界で一つだけのエシカルプレゼント”

女優・ファッションモデルの広瀬アリスさんは数年前、「なんとかしなきゃ!プロジェクト」でフィリピンを訪問されました。そこで「フェアトレード」の重要性や必要性を改めて実感し、その後も積極的に「フェアトレード」や「エシカル」を啓発する活動を行っています。今回は広瀬アリスさんが行なっている取り組みについてご紹介します。

SDGsでダーツやババ抜き!?学びながら楽しめるゲームをご紹介

SDGsのカードゲームやババ抜き、ダーツが今注目されています。17項目あるSDGsを楽しく身近に感じてもらおうとする取り組みが今どんどん進んでいます。今回ご紹介するゲーム達もいたって皆が簡単に参加できるゲームです。この記事ではSDGsの内容を手軽に理解できる3つのゲームをご紹介します。

世界的女優エマ・ワトソンが取り組むフェアトレード、その現実とは

映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役として有名なエマ・ワトソン。2017年に公開ディズニー映画「美女と野獣」では主人公・ベル役を演じ一躍話題となりました。フェアトレードに対する意識も高く「ピープルツリー」のクリエイティブアドバイザーを務めるエマ・ワトソンの活動をご紹介していきます。

無印良品が取り組むプロジェクト”子どもと地球の大事なこと”とは?

「ムジラー」と呼ばれるファンユーザーがいるほど、幅広い世代に認められている有名企業ブランド”無印良品”。無印良品では販売やサービスのほかに、地球環境や社会全体の問題や課題の解決とも真摯に向き合う取り組みも行っているのを知っていましたか?この記事では取り組まれているプロジェクトをご紹介します。