SDGs

SDGsの17の目標

目標1:貧困をなくそう

SDGs目標1:貧困をなくそう

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

全世界で8億人以上が今でも、1日1ドル25セント未満で暮らし、十分な食料やきれいな飲み水、衛生施設を利用できない人々が多くいます。

世界で極度の貧困の中で暮らす人々の80%を占める南アジアやサハラ以南アフリカなどの地域では、この課題に大きな進捗がみられていません。気候変動や紛争、食料不安により新たな脅威が生じる中で、この割合は今後、さらに上昇すると見られています。

貧困の解消は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

原文:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所WEBサイト

ターゲット
1.1 2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
1.2 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
1.3 各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度および対策を実施し、2030年までに貧困層および脆弱層に対し十分な保護を達成する。
1.4 2030年までに、貧困層および脆弱層をはじめ、すべての男性および女性の経済的資源に対する同等の権利、ならびに基本的サービス、オーナーシップ、および土地その他の財産、相続財産、天然資源、適切な新規術、およびマイクロファイナンスを含む金融サービスへの管理を確保する。
1.5 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。
1.a あらゆる次元での貧困撲滅のための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの多大な資源の動員を確保する。
1.b 各国、地域、および国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを設置し、貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援する。

この目標に関連する記事

世界的女優エマ・ワトソンが取り組むフェアトレード、その現実とは

映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役として有名なエマ・ワトソン。2017年に公開ディズニー映画「美女と野獣」では主人公・ベル役を演じ一躍話題となりました。フェアトレードに対する意識も高く「ピープルツリー」のクリエイティブアドバイザーを務めるエマ・ワトソンの活動をご紹介していきます。

無印良品が取り組むプロジェクト”子どもと地球の大事なこと”とは?

「ムジラー」と呼ばれるファンユーザーがいるほど、幅広い世代に認められている有名企業ブランド”無印良品”。無印良品では販売やサービスのほかに、地球環境や社会全体の問題や課題の解決とも真摯に向き合う取り組みも行っているのを知っていましたか?この記事では取り組まれているプロジェクトをご紹介します。

救われるのは子どもだけではない。環境を改善し続けるチャイルドサポーターの活動

飢餓や貧困、そして学校に通うことができない子どもが多い途上国の問題は、20世紀になった今でも重要なテーマ・課題となっています。
そこには習慣や文化、周りの大人たちの昔ながらの考え方などといった目に見えにくい壁があり、子どもたちの未来への道を阻んでいます。
そんな子どもたちを取り巻く環境を整え、学校へ通えるよう継続的な支援を行っている「チャイルドサポーター」の活動・取り組みについてご紹介していきます。

子どもたちの未来のために…ソフトバンクがやっている支援チャリティスマイル

子どもへの虐待が深刻な社会問題となっている今。中でも虐待を報じるニュースは後を絶ちません。状況に応じた施設に保護する必要がありますが、保護された数年後には大きくなった子ども達はいつかその施設から出ていかなくてはなりません。今回は児童養護施設を退所した後のサポートに目を向けたソフトバンクの「チャリティスマイル」という取り組みについてご紹介します。

手洗いで「命」が守れる。今知っておくべきSARAYAプロジェクトの取り組み

アフリカのウガンダに、薬用石けんやアルコール消毒剤を用いて正しい手洗いの方法を広げている「SARAYA(サラヤ)」。
ヤシノミ洗剤でも知られるサラヤは、人や環境にやさしい取り組みを積極的に行っています。今回はSARAYAプロジェクトについて詳しく解説します。

野菜がクレヨンになる!?今、食品廃棄対応のレベルが高すぎる

食品廃棄が社会問題となっている今。食品の再利用を考え、自治体や企業では様々な努力や取り組みが進められ、私たちの生活の中に少しずつ広がりつつあります。ここでは、廃棄される野菜を利用して作られた「おやさいクレヨン」、その姉妹品である「おこめのクレヨン」、「おやさいねんど」など、使う子どもへの安全性にも配慮した素敵なアイテムをご紹介します。