Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

レザーにカシミヤ…ファッションから分かる環境問題

この話題に関わるSDGsの目標

ファッションが環境汚染を引き起こしているということを、ご存知でしょうか。

普段着ているシャツやデニム、レザーのジャケットなどのさまざまな衣類は、作られる課程で化学薬品が使われています。

ファッション業界では、化学薬品を一切使わずに衣類を作ることはできないと言われているのが現状。

しかしながら、化学薬品の使用量をなるべく控えめにした商品を選ぶなど、私たち消費者にできることはあるはず。

ファッションが環境汚染を引き起こしているということを、ご存知でしょうか。

 

普段着ているシャツやデニム、レザーのジャケットなどのさまざまな衣類は、作られる課程で化学薬品が使われています。

ファッション業界では、化学薬品を一切使わずに衣類を作ることはできないと言われているのが現状。

 

しかしながら、化学薬品の使用量をなるべく控えめにした商品を選ぶなど、私たち消費者にできることはあるはず。

そんなサスティナブルなおしゃれの楽しみ方をご紹介いたします。

レザーじゃなくフェイクレザーを選ぼう

近年、フェイクレザーがブームとなっています。

 

例えば、ジャケットやバッグ、靴など、レザーではなくフェイクレザーの製品を持っているという人は、男女問わず多いはず。

フェイクレザー人気が高まってきているのは、動物愛護の観点や、レザーよりも安い価格で手に入るからだと考えられます。

 

しかしながら、フェイクレザーを選ぶ利点は、上に挙げた2点だけではありません。

レザーを作るための商用牧畜が、過剰な森林伐採に繋がってしまっているのです。

さらに、動物の皮をなめしてレザーにするときに、大量の水やエネルギー、化学薬品を使う必要があります。

レザーを制作していく段階で、森林伐採による環境破壊や、化学薬品の使用による環境汚染が引き起こされています。

そういったレザーによる環境問題もあり、フェイクレザーの製品の比重が大きくなってきています。

 

私たち消費者ができるのは、何を買うかを“選ぶ”ということ。

レザーよりも比較的環境への負担が少ない、フェイクレザー製品を購入するのも、一つの選択肢です。

 

レザーを選ぶならLWG認証レザーを使った製品

また、環境に配慮したレザー製品作りも行われています。

廃棄物の処理や水処理など、さまざまな項目を設けて製革工場を評価しているのが、製革工場の環境対策を監査する国際団体、「LWG(レザーワーキンググループ)」。

LWGから認定を受けた製革所からレザーを調達することは、環境汚染を防ぐことに繋がります。

 

さまざまなブランドで、LGW認証のレザー使った製品作りがなされています。

レザー製品を購入するなら、そういった製品を意識して選ぶのもいいですね。

 

再生カシミヤでモンゴルの草原を守る

レザー以外にも、私たちが何気なく着ている服が、環境に影響を及ぼしています。

例えば、カシミヤもその一つ。

 

カシミヤは保温性と肌触りの良さから、冬のファッションの定番になっています。

カシミヤのセーターやマフラーなどはもともと高級品でしたが、最近ではそれほど高くないものもあり、購入しやすくなりました。

それは、カシミヤ製品への需要が高まったことから、大量生産のためにヤギの商用牧畜が増えたから。

カシミヤのセーターを1着作るには、カシミヤヤギ4頭の飼育が必要です。

そのためモンゴルでは、カシミヤヤギの牧畜を増やしたことで、草原の草が生えにくくなり砂漠化が進んでいます。

 

カシミヤが及ぼす環境問題を深刻に捉えたのが、ステラ・マッカートニー。

ヴァージンカシミヤではなく、再生カシミヤの使用を推進しています。

再生カシミヤとは、繊維廃棄物を再生して作ったカシミヤのこと。

ヴァージンカシミヤと比べて、環境への負荷をかなり軽減できます。

 

カシミヤのセーター1着にしても、再生カシミヤを使用しているものにするなど、製品の背景にある環境問題を意識してみてはいかがでしょうか。

 

長く愛せる1着に身を包む

ここまでは、レザーやカシミヤといった製品が、生産の過程で環境破壊を引き起こしてしまているということをお伝えしました。

 

最後にお伝えしたいのは、衣類を捨てるという行為も、環境破壊に繋がってしまうということ。

ここ数年の間で、ファストファッションが浸透してきました。

オシャレに敏感な人なら、流行の最先端の服をシーズンごとに買い替えることも多いはず。

1シーズンに10着買い替えたとすると、年間で40着購入することになります。

また、購入したのと同じ分だけ、処分することにもなります。

 

処分した衣類は燃やされる際、ダイオキシンなどの有毒ガスが発生します。

この有毒ガスが、地球温暖化などの環境破壊へと繋がってしまいます。

 

衣類の廃棄における環境破壊について考えると、流行にのって頻繁に衣類を買い替えるという行動を、見直す必要があります。

一人一人が、「長く愛せる1着に身を包む」という心がけをするだけで、環境への負担はかなり減らせます。

 

サスティナブルにファッションを楽しむ

私たちは衣類を購入するとき、ついオシャレさばかりに目を向けがち。

ですが、衣類の生産から廃棄までにあたって、環境に大きな影響を及ぼしているということを知っておかなければなりません。

その上で、環境に配慮して生産された製品を選んだり、大量の廃棄を出さないようになるべく長く着れる1着を購入するなど、一人一人の意識が大切となってくるのではないでしょうか。

 

ライター:松尾友喜

 

Media一覧へ