INFORMATION

セブンイレブンでのコンビニ決済ご利用開始のお知らせ

Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

心もほかほか!環境にやさしいカーボンヒーター☆

寒い冬。みなさんはどんな暖房器具をお使いですか。

燃料をたくさん必要とする暖房器具。サスティナブルという視点で考えたとき、いったいどんなものを選べばよいのでしょう。

今回SUSTYで取り上げるのは環境に優しい暖房器具の一つ、カーボンヒーターです。

 

カーボンヒーターとは

amazon.co.jp

カーボンヒーターはハロゲンヒーターと同じ電気ストーブの一種です。炭素を発熱させたフィラメント(発熱体)で、目の前のものを暖めます。

中でも植物性の炭素繊維が使われているものは、オーガニックカーボンヒーターと呼ばれています。

 

スイッチオンで速暖!空気も汚しません。

カーボンヒーターは目の前にある対象物(人やペットなどの動物)を暖めるしくみになっているので、お風呂の脱衣所やキッチン、デスクまわりなど、局所的な暖房にはもってこいです。

 

いちばん便利さを実感するのが、スイッチを入れると瞬時に暖まること!アイドリングにやや時間のかかるファンヒーターなどに慣れている人には、これが結構感激もの。着替えをするとき、クローゼットの前に持ってきてスイッチオン。すぐに暖まるので、寒さでグズグズしがちな冬の朝も、素早く支度ができてしまいます。

 

しかも音もなく静かに働いてくれるので、なんだか心まで安らぎます。ただでさえ乾いた冬の空気をさらに乾燥させることもないため、せっせと加湿する必要もありません。

 

こんな人におすすめ!

カーボンヒーターには部屋全体を暖める能力がないのがデメリット。

広いリビングを均一に暖めたいときなどには向きませんが、狭い部屋で暖を取ったりスポット暖房として使ったりするのがおすすめです。

足元だけが寒くて辛い方などは足元に置くだけで、体全体がポカポカして気持ちも安らぎます。

 

また、集中して仕事や勉強に取り掛かりたい方にもカーボンヒーターがおすすめ。

狭い勉強部屋全体を暖めると頭がボーっとすることがありますが、カーボンヒーターは体を温めるのでのぼせにくいメリットがあります。

 

コンパクトかつデザインも◎!

amazon.co.jp

カーボンヒーターにはアンティークタイプのものや置き場所を選ばないスリムなもの、広範囲を暖められる大き目のものなど、様々なデザインのものがあり、ライフスタイルに合わせてチョイスすることができます。

必要なときに必要な場所だけ暖める、そんな使い方もできるカーボンヒーター、あなたもこの冬から取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ライター:島田里織

 

Media一覧へ