INFORMATION

親子で遊び、学ぼう!『SUSTY THANK YOU FESTIVAL 2019』

Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

持ち歩くのが楽しくなる!バンブーキャップがおしゃれなマイボトル

 

ひとりひとつのマイボトルが浸透してる今ですが、洗い物嫌いな私は水筒が苦手です。

凹凸のあるパーツは上手に洗えないし、パッキンを外すのが面倒くさい。失くさないようにと神経を使うし、パッキンを付け忘れて鞄の中が大惨事!なんてことも何度か経験済み。

 

そして軽量といっても重い。子どものマグボトルも入って修行のように重いリュックの中に、さらに自分の水筒を・・・という気持ちにもなれず、外でペットボトルの飲み物を買ってしまう環境にもお財布にもエコじゃない日々。

 

そんなときに出会ったのがKlean Kanteen®(クリーンカンティーン)のボトルでした。

 

社会をより良くするためのステンレスボトル

「使い捨てのペットボトルに代わる地球に優しい商品を」と作られたボトルは、安全性はもちろん機能やデザインにも徹底したこだわりを持っています。

 

・ボトルは全て18/8(食品工業用)ステンレススチール製でリサイクル可能

・酸味のあるジュースやミルクも入れることができる

・蓋を取り替えるだけで様々なシーンに対応できる多機能設計

・傷や欠けに強い塗装と耐久性に優れた本体部分で生涯使える

 

基本のデザインはそのままに。それぞれの生活にフィットするようにと作られた機能別のシリーズ展開も豊富です。

 

・インスレートボトル(保冷保温対応)・・・シンプルで美しいデザインに、長時間の保冷保温が可能な機能を追加したシリーズ。サイズやカラーも選べる。

TKPro・・・インスレートボトルの中でも高い保温保冷性能を持ったボトル。カップとして使用できる上蓋と、360度どこからでも注ぐことができる中蓋の2重層構造でより機能性に優れたデザインになっている。

・シングルウォール クラシックボトル・・・クリーンカンティーンの象徴ともいえるオリジナルボトル。保冷保温機能はないため、軽量で持ち運びしやすい。

・ワイドボトル・・・広口でアウトドアにぴったりなデザイン。アウトドア用の浄水器の取り付けも可能。

・グロウラー・・・高性能ダブルウォールの真空断熱構造を組み合わせた、多用途ボトル。アルコールや炭酸などを新鮮なまま持ち運ぶことができる。

 

また、Klean Kanteen®は環境保護団体への支援や、アウトドアイベントの参画を通して、持続可能な社会に貢献しています。

 

機能的でまさにサスティナブル!なボトルの中で、私が選んだのはシンプルなクラシックボトル。気に入ったのはその見た目です。ミルクボトルのようなころんとしたフォルム。クールなステンレス素材に、飲み口はシンプルなねじ式。そして何よりもバンブーキャップの可愛さに惚れてしまいました。

 

自分にとっての必要な機能は?

でもバンブーキャップのある「リフレクトボトル」は、保冷保温機能がないシリーズ。思えば今まで購入した水筒は当たり前のように保冷保温付きで。そしてワンタッチオープン式。

 

ねじ式なんていちいち面倒・・・?

 

外で温かい飲み物飲んでほっと一息・・・ができないのかぁ

 

でもよくよく考えてみると、私の生活に保冷保温ってそんなに必要じゃないんです。

持ち歩く先は公園や支援センター。理想は

 

朝にゆっくりと温かい飲み物を作って、それを飲んでほっと一息・・・

 

ですが、実際はそんな余裕はなし。バタバタで冷蔵庫の麦茶を注いで、鞄に水筒をつっこむ毎日です。今までがペットボトルの飲み物を持ち歩いていたことを思えば、保冷保温だってねじ式だって、全く問題ないはず。

 

私にとっての必要な機能は

手入れが楽で、軽くて、そして何より毎日持ち歩きたくなるくらいおしゃれということ。

 

「リフレクトボトル」をマイボトルに迎えて

結果は「購入して良かった!」です。

面倒なパッキンの着脱も細かな凹凸もないので、飲み口に触れる部分の洗いごたえもある。頑丈だからいつもの鞄に気兼ねなく入れることができる。そしてとっても軽い!洗って入れて持ち歩くという動作が全く億劫じゃないんです。

 

多機能なものを持つのは意外と簡単。機能の分だけ購入する理由を挙げることができるんですよね。

でも、「当たり前」をそぎ落とした物をもつのは結構勇気がいります。でも使ってしまえばその使いやすさと身軽さにとっても感動するんです。

 

自分だけにフィットするアイテムが毎日をワクワクさせる

「あれば便利」は「なくても大丈夫」なもの。

 

まずは毎日使うものを買い直す時に、「当たり前」をちょっとだけ見直してみてください。「本当に必要なもの」だけを備えたアイテム選びが、家事や育児をちょっと楽に、ワクワクさせてくれてくれるかも。

 

今日もマイボトルを褒められて、大切にそして生涯使っていこう!と思いました。とっても単純だけど、その気持ちが「使い捨て製品」の削減へ、そしてサスティナブルな社会に繋がるなんて素敵ですよね。

 

 

ライター:ichika

 

Media一覧へ