INFORMATION

ゴールデンウィーク期間のオンラインショップ発送について(4/18更新)

Media

今注目すべき、サスティナブルな話題

全室スイート!?今セレブが注目しているSDGsのホテル・レストランとは

今、サスティナブルなレストランやホテルがセレブ達に注目されています。それぞれのホテルやレストランがどのようなサスティナブルプロジェクトに取り組んでいるのかを詳しくご紹介します。

レッドカップキャンペーンに参加して学校給食を世界中の子どもたちへ

途上国の子どもたちに学校給食を届ける支援を行っているレッドカップキャンペーン。そのマークである赤いカップは国連WFPが給食を入れる容器として使っているもの。子どもたちの未来への希望のシンボルです。今回はレッドカップキャンペーンの取り組みをご紹介いたします。

サルベージ・パーティは食材の救世主!美味しい楽しい取り組みとは?

一般社団法人フードサルベージが運営する食材シェアパーティ、通称「サルベージ・パーティ」。サルベージ・パーティは食べごろギリギリの野菜や買いすぎた加工品、調味料など、いわゆる「もてあましている食材」を皆で持ち寄り、メニューを作り出すという取り組みです。今回の記事ではその取り組みについて詳しくご紹介いたします。

パンが世界を救う!?パンで取り組む飢餓問題が画期的

世界の食問題を、“パン”で解決している活動をご存知ですか?あるパンを使った仕組みが飢餓問題に大きな助けをもたらしています。一体どういう仕組みなのか?今回はパンで世界の食問題に取り組むサスティナブルな話題をご紹介します。

TABLE FOR TWOであなたも飢饉問題の救済者に。方法は「ご飯を食べる」だけ!?

TABLE FOR TWOという仕組みをあなたは知っていますか?
TABLE FOR TWOは開発途上国の飢餓と、先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む日本発の社会貢献運動です。
レストランでのランチをちょっとヘルシーなメニューにするだけで、途上国の子どもたちに給食を届けられる…そんな誰もが参加しやすい、メリットの多いシステムが今注目を浴びています。その仕組みについて解説いたします。

食品ロスに挑戦!「TABETE」の取り組み

「まだ美味しく食べられるのに」 と思いつつ、捨てざるを得ない食材の数々。 特に飲食店では家庭と違ってそういったルールも厳しく、閉店時間が来れば止むを得ず廃 棄する食材が多いのが実情です。お店が抱える食材廃棄の悩みと、ちょ…続きを読む

毎日のティータイムをちょっとサスティナブルに

朝の一杯、または午後のほっと一息付きたいとき、みなさんはコーヒーや紅茶をどのように楽しんでいるでしょうか。   コーヒーはドリップバッグ、紅茶はティーバッグで手軽に…という方も多いと思います。   お…続きを読む

キーワードは「多様性」!京都「坂ノ途中」が創り出すサスティナブルな農業

「百年先も続く、農業を」というメッセージを掲げ、サスティナブルな農業のあり方を提案している「坂ノ途中」。   京都にあるその会社は、農家の方から仕入れた野菜をネットを通じて個人に宅配したり、レストランや小売店へ…続きを読む

サスティナブル寿司まで登場!海のエコ活動、サスティナブル・シーフードとは!?

マグロやウナギが食べられなくなるかも…最近そんなニュースを耳にします。 将来も今と変わらずに美味しい魚を食べ続けられるように、私たちに出来ることはなんでしょうか。 今回のSUSTYでは、サステナブルシーフード…続きを読む

フードロス問題に新提案!廃棄される野菜で染める「FOOD TEXTILE」

今ファッション業界は、”ファストファッション”から”エシカルファッション”に移行しつつあります。 「人と地球に優しいファッション」が注目される中「野菜の色と暮らそう」というコンセプトで、新しい食品の価値を生み出し、フード…続きを読む