サスティナブルは、もっと楽しく、ワクワクしていい

Create a Sustainable Society

Our Story

「あなたと社会にちょっといいこと」

日本は先進国の中でもソーシャルな活動や理解が遅れていると言われています。
「SDGsって何?興味ない。」「難しそう。」「偽善的じゃない?」そう思っている方々も、
残念ながらソーシャルイノベーションは今後必ず無視することができなくなります。
経済的に社会的に、SDGs(持続可能な開発目標)と反する企業には
法的なペナルティや金融取引上の規制が待っています。

企業が変わるためには、人が変わらなければなりません。
しかし、人が変わるということは非常に難しいことです。

変わらなくていい。
日常生活の中にサスティナブルな取り組みは沢山潜んでいます。
普段の自分がワクワクすることの中にも、ソーシャルグッドは潜在的に散りばめられているのです。

エンターテイメントやライフスタイルを通して、susty.worldは、
誰でも簡単にソーシャルグッドを取り入れられるSDGsポータルサイトです。
購入することで社会に還元されるエシカル消費オンライン通販と、
企業や団体の持続可能な社会に対する取り組みを紹介するメディア、
ちょっと難しい専門用語も分かりやすく解説するSocial Good辞典など、
これさえ見ればトレンドに乗り遅れてしまう心配はありません。

サスティナブルをもっと身近にすることがSUSTYの使命です。

Media

今注目すべき、サステイナブルな話題

知らないと恥ずかしい!?海外で話題になっている”サステナブル映画”を一挙ご紹介

近年、「サステナブル」についての書籍や、特集が組まれた雑誌が本屋に並ぶようになりました。また、本や雑誌だけでなく「サステナブル」にまつわる映画も制作され、中には世界中で話題になったものも。

この記事では、「サステナブル」という言葉が社会に定着しつつある今だからこそ、現状の環境問題を知るために見ておくべき映画をご紹介します。

エルメス、ヴィトンが月6,800円!ファッションシェアリングサービスは何故いいのか

洋服、バッグ、アクセサリーをレンタルできるサービスが注目されています。ファストファッションの流行による大量生産・大量消費の時代から、“持たないオシャレ”の時代へ変化する今、ファッションのシェアリングサービスと、エシカルなオシャレの楽しみ方を紹介します。

ヘルシンキのSDGs対策が徹底的!排出量24%減…一体なぜ?

環境保全に積極的に取り組んでいる北欧の国、フィンランドの首都ヘルシンキでは、様々なアイデアを駆使したサステナブルな取り組みが行われています。日本にはない厳しい基準が設けられているのにも関わらず、国の姿勢が市民にも受け入れられ、持続可能な環境保護への結果に繋がっています。

About SDGs

SDGsについて

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

Pick up items

注目アイテム

MALLへ

昆虫×フラワー浴衣ワンピース キッズ

6,200円(税別)

BUY

昆虫集合アロハシャツ

3,780円(税別)

BUY

暗闇で光る!蓄光ホタルTシャツ ブラック

2,480円(税別)

BUY

【プレオーガニックコットン】ロゴTシャツ

8,000円(税別)

BUY

【オーガニックコットン】キャンバスロゴトートバッグ 大

15,800円(税別)

BUY

SUSTY x APOLIS コラボ トートマーケットバッグ

12,800円(税別)

BUY